2012年梅雨明けからお彼岸明け

ミッドナイト・イン・パリ

9月20日鑑賞

ウディ・アレン監督

Photo_2

この監督の作品は短くて好き。

映画冒頭、パリの景色を存分にみせてくれて、

それは、

主人公が婚約者に この町で暮らそうと

プレゼン中なのです。

主人公は 20年代のパリにあこがれていて、

タイムスリップした。そこで、

ベル・エポックの時代にあこがれている女性

(ピカソの恋人?)と、

その時代にタイム・スリップ。

行った時代では人々は ルネッサンスの頃を

憧れ懐かしんで当時の人々が

最高に幸せだと 思っている。

というふうに、

現状に満足していないのです。

どの時代の人々も。

ピカソの恋人は 元の時代へ戻らず、

その時代に残った。

設定のおもしろさと、

歴史上の人物いろいろが登場することが、

わくわくさせてくれる。

 

思った以上によくできた作品。

ウディ・アレン 自身の最高の

興行収入作品だそうで、

オメデトサン。

「それでも恋するバルセロナ」より

○|_| ̄ =3 ズコー よかった。

下高井戸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強のふたり

9月6日鑑賞

地味な映画なのに劇場満杯で びっくり。

わたしと同じように笑いとか楽しさとなどを

求めていた人々?こんなに大勢w(゚o゚)w

監督・脚本ともに共同で、

エリック・トレダノ

オリビエ・ナカシュ

の おふたり。

Photo

オマール・シー(介護者)とフランソワ・クリュゼ

24回東京国際映画祭でグランプリ。

車いすの 話は ・・・(*´ェ`*)と 見なかった。

半分は正解だった。

フランスでは史上3位の興行収入だったそうだ。

1位?

2位?

映画よかったネ。

6日の立川でびっくりしていたら、

9月26日新宿武蔵野館 2スクリーンで上映中。

しかも、観客が列を作っていた happy01 

期待通り、以上でも、以下でもなかった。

鑑賞から1ヶ月経った今

介護者の黒人青年が、

車いすのままの被介護者が

ワゴン車の後ろスペースに

当たり前のように乗せられるのを、

「馬でもないのに」と 彼はホントに憤慨して、

傍らの高級セダンの助手席に富豪を乗せる。

このシーンで、最近の弱欝っぽい私は

例によって

自分の父親を 思う。

父が施設の軽ワゴンの後ろスペースに

車椅子乗車のまま載せられて、

病院から現住所である施設へ連れて行かれた。

そのスペースに介助者が座るための

小さい補助椅子があった。

施設の人がそこに座って父と向き合うかと・・・

そうでなく、・・・・・

彼女は助手席に乗り、

ああ、あの時のわたしの心が感じたことが、

「馬でもないのに」と 

のせりふにこめられていた。

映画の中で、ペンフレンドに送った写真のこと。

介護者が選んだ写真とは別の写真を

富豪は送った。

介護者が、自分の選んだ写真は残っていることに、

ラストシーンで気づくけど、

そのままで 話は 終わった。

????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セブン・デイズ・イン・ハバナ

8月24日鑑賞。

「世界で最も美しい島」キューバの首都

ハバナ

美しきハバナの7日間 オムニバスで。

月曜 ユマ

監督ベニチオ・デル・トロ

アメリカ人のテディ(ジョシュ・ハッチャーソン)は

Siete_havana

空港へ迎えに来た

ドライバーに誘われ

キューバの路地裏の

家庭へ

案内され、

料理を提供されたり、パック旅行じゃないから。

でも、彼はスペイン語がダメで イマイチ。はずんでいない。

Siete_havana2jpg

バーへ誘われても、

・・・・・

やっと 美人をホテルへ

誘ったら、

・・

彼だった。でもやさしい、アメリカ人テディは

ヤンキースの帽子を渡して・・・・

火曜 ジャムセッション

監督 パブロ・トラペロ(檻の中)アルゼンチン

ハバナ映画祭集積するためにキューバに来た、

セルビア人監督 クストリッツァが酔っ払って、 

落ち着きもないのは、

自身の作品にも、私生活にも ???のせいだった。

ハバナで彼の送り迎えの運転手が、仕事のあと

トランペットでバンドとジャムセッション。

生き生きしているその雰囲気や演奏に、

パーティが嫌でくっついてきた監督も感動する。

Siete_havana3jpg

翌朝空港への車の後ろ席で 

運転手の小さな娘が遊んでいた

賞のトロフィーはそのまま娘のもとに。

というところが ( ^ω^)おっおっおっ

監督エミール・クストリッツァ が本人役で。

「パパは出張中!」の監督でした。

水曜 セシリアの誘惑

監督 フリオ・メデム スペイン

Siete_havana5jpg

歌手セシリアは

スペインのクラブに

誘われた。

同棲中の野球選手は

試合に勝って、

明日 アメリカへ渡ろうと セシリアを誘う。

木曜 初心者の日記

監督  エリア・スレイマン パレスチナ

エリア・スレイマンが キューバ指導者への

面会までの手持ちぶさたの様子を

カメラが撮りつづけている。

ハバナツアーでオプション申し込まなかったら、

こうなるんだろう (*´ェ`*)

これは あまりおもしろくなかった。

金曜 儀式

監督 ギャスパー・ノエ アルゼンチン

ハバナのビーチで真夜中遊び、

遊びが過ぎて、親に心配をかけてしまう。

(*`ε´*)ノ 怒られて 泣いたりするのは

日本人の場合だけど、

ハバナのこの集落では ふしだらな

呪いを解いて貰うために 親が娘を

呪術師のもとへと連れて行き、

古くから伝わる清めの儀式を受けさせる。

この儀式のほうが 私には恐かった。

土曜 甘くて苦い

監督 ファン・カルロス・タビオ

水曜のセシリアのお母さんの生活。

停電や断水にもめげず大きなケーキをつくり

テレビ出演も。

日曜 泉

監督 ローラン・カンテ(パリ・20区僕たちのクラス)フランス

おんぼろアパートの住人たちが、

大家の女性の号令のもと

部屋に泉を造って聖母を祭る。

水を入れ魚を放つ――」

彼女がみた夢のお告げが

現実のものになってゆく過程。人々。

土曜の 大きなお菓子も ここの注文ネ?


ミーハー なわたし。いつものように、

ハバナへ 行きたくなってしまった。

8月24日鑑賞。

いっしょに見たのではないが、

ハバナ体験済みの友人の感想は

私ほどではなかった。というか、

・・・・

ホテルナシオナルと

海岸の白いアーチの景色と

映画祭に呼ばれた監督が登壇まえに

ゲロゲロ。プレゼンテーターと抱擁、キス。

……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)

続きを読む "セブン・デイズ・イン・ハバナ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームの規則

ジャン・ルノワール監督

とても有名な作品と監督。生まれて初めてみた。

この時期に見られて良かった。

監督の

「フレンチ・カンカン」と2本立て。

8月16日

こちらは 

ジャン・ギャバンが 素敵 heart01 ステキじゃなくて、

素敵なのだ。

「暗黒街のふたり」など老人になってからの

ジャン・ギャバンしかしらなかったから。

ムーラン・ルージュ は ハネムーンで・・

記憶の糸をたぐって (o^-^o)

映画ラスト20分ほどの 迫力ダンスシーンは

なかったけど、空中から踊子が登場した記憶あり。

20日にみた「ミッドナイトインパリ」の中の、

ダンスほど ショボクは なかった。と。

「フレンチ・カンカン」映画評価は 高くないみたいだが、

楽しく 見終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シークレット・サンシャイン

イ・チャンドン監督

薬局の主人を 誘惑したヒロインの(-_-X)

おでこ側からのアングル sign03

イ・チャンドンの新作

「ポエトリー アグネスの詩」との

2本立て。

8月9日 早稲田松竹 

高田馬場に  happy01 数年住んでいたが、

松竹には足を運ばなかった。

当時は、西友の中の パール座には

通った?記憶が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラック・ブレッド

スペイン映画

アグステイー・ビジャロンガ 監督作品

8月2日

主人公アンドレウ少年が 

学校へ訪ねてきた母にそっけない態度。

級友に さっきの女性は?と尋ねられ、

手伝いの女だよと 言う最後のシーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ル・アーヴルの靴みがき

アキ・カリウスマキ監督作品

長年この監督は「マッチ工場の少女」 作った人

と クイズと答えのみ。

初めての鑑賞でした。

8月2日 

2番ロードショウの最後の日だった。

頭すこし欠けての鑑賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別離

イラン映画

アスガー・ファルハディ 監督作品

「彼女が消えた浜辺」の監督)

前作が良かったので、是非みたかった・・・

7月28日 (東京梅雨明け)鑑賞

ロンドン五輪 なでしこvsスウェーデンの日。

Betsuri

ブログ載せる画像を選らんで、でも・・・

筆が進まない。 あれこれあれこれ

第84回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品

続きを読む "別離"

| | コメント (0) | トラックバック (0)