映画・・こんな日

グレート・ビューティ 追憶のローマ

2014年8月28日鑑賞 立川

パオロソレンティーノ監督

トニ・セルビッロ(湖のほとりで)主演

フェリーニの「甘い生活」のような映画だというので、

躊躇したが、みた。

一つの成功作品で 生涯を送ることができる(*^^)vすごいナ。

映画は、やはりフェリーニ。

観客が多かった。木曜日の午後だから高齢者がほとんど。

ファニー・アルダンがでていた。

主人公は 今調べたら 「湖のほとりで」の刑事を演った人。

猫の膝2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100人の子供たちが列車を待っている

Cien_esperando

3月20日にみた。

1988年 チリ映画

監督 イグナシオ・アグエロ

ドキュメント 

サンティアゴ郊外、ロ・エルミーダに生まれた子供たちは

貧しさゆえに1日1食。

ほとんどが映画を観たこともない。

映画というものを 教えるのは 女性教師。

彼女は 映画しくみや 歴史をわかりやすく

楽しく 語りながら 簡単な装置を作らせる。

子供たちは 実際に動かしたりのぞいたり。

見ている私も フムフム、なるほど。

ひとりが1コマ描きフィルムを仕上げる実習。

テーマを決めるとき、春、夏、秋、冬なども

あったが、「デモ(抗議運動」 に決まる。

死んでいる人や 警官など。こどもたちの日常が

浮かび上がる絵にハットする。こどもたちには隠すことでもなく

貧しさも含めて 自分たちの世界なのだ。

映画に興味いっぱいであることは

子供たちの笑顔でわかる。

途中で、将来何に なりたい?という問が

何人かのこどもにかけられた。

覚えているのは「兵隊」。(軍人だったかもしれない。)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

私が小学生の時の担任が 女性だった。

熱心な先生(だったのかナ?)で、1、2度

研究授業というのがあった。

講堂へ教室ごと移動して

よその学校からも見学の先生たちがきた。

下準備を十分に わたしたち子供も。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そんなことを思い出したのは

時代の違いかもしれない。この教師は上手な教え方の

模範授業をしたわけではないし、こどもたちも

とても自然だった。

1895年パリで 映画が誕生した。

リュミエール兄弟の「列車の到着」

それが作品タイトルになっている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルコルビュジエの家

Corbusier

アルゼンチン映画

監督:ガストン・ドゥプラット&マリアノ・コーン

原題 EL HOMBRE DE AL LADO  

 トリュフォーの「隣の女」という 映画があったゾと

思っている間に画面の左側で

道具を使って部屋の中の壁破壊している映像。

その部屋の外側の様子が右側で同時に。

ガンガン音がスゴイ。隣に住むレオナルドの

自慢のル・コルビュジエ設計の家だが、

防音はぜんぜんされていない。で、騒音の

発生場所の特定に家中みてまわった。隣人ビクトルが

穴を開けて窓を作ろうとしていたw(゚o゚)w

レオナルドの抗議が 相手には受け入れられず、

レオナルドは妻には その場しのぎに

方策をみせる。騒音が夫婦の仕事や会話にも

悪影響を与えギクシャク。

騒音に無頓着なのは 引きこもり?の娘というのが、

おもしろい。

隣人が空けた窓からのぞいたりする行為に

不安を感じ、パニックボタンを浴室に設置する。

(強盗は家人を浴室に閉じ込めるから。)

でも、危険は隣人の空けた穴ではなく、

自慢の邸のガラス構造がもたらした。

トリュフォーの隣の女は 色っぽい映画だったが、

この映画は 

レオナルドのダメ男ぶりが目立つ。

が、終わりのシーンに銃。が共通 happy01

続きを読む "ルコルビュジエの家"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強のふたり

9月6日鑑賞

地味な映画なのに劇場満杯で びっくり。

わたしと同じように笑いとか楽しさとなどを

求めていた人々?こんなに大勢w(゚o゚)w

監督・脚本ともに共同で、

エリック・トレダノ

オリビエ・ナカシュ

の おふたり。

Photo

オマール・シー(介護者)とフランソワ・クリュゼ

24回東京国際映画祭でグランプリ。

車いすの 話は ・・・(*´ェ`*)と 見なかった。

半分は正解だった。

フランスでは史上3位の興行収入だったそうだ。

1位?

2位?

映画よかったネ。

6日の立川でびっくりしていたら、

9月26日新宿武蔵野館 2スクリーンで上映中。

しかも、観客が列を作っていた happy01 

期待通り、以上でも、以下でもなかった。

鑑賞から1ヶ月経った今

介護者の黒人青年が、

車いすのままの被介護者が

ワゴン車の後ろスペースに

当たり前のように乗せられるのを、

「馬でもないのに」と 彼はホントに憤慨して、

傍らの高級セダンの助手席に富豪を乗せる。

このシーンで、最近の弱欝っぽい私は

例によって

自分の父親を 思う。

父が施設の軽ワゴンの後ろスペースに

車椅子乗車のまま載せられて、

病院から現住所である施設へ連れて行かれた。

そのスペースに介助者が座るための

小さい補助椅子があった。

施設の人がそこに座って父と向き合うかと・・・

そうでなく、・・・・・

彼女は助手席に乗り、

ああ、あの時のわたしの心が感じたことが、

「馬でもないのに」と 

のせりふにこめられていた。

映画の中で、ペンフレンドに送った写真のこと。

介護者が選んだ写真とは別の写真を

富豪は送った。

介護者が、自分の選んだ写真は残っていることに、

ラストシーンで気づくけど、

そのままで 話は 終わった。

????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラック・ブレッド

スペイン映画

アグステイー・ビジャロンガ 監督作品

8月2日

主人公アンドレウ少年が 

学校へ訪ねてきた母にそっけない態度。

級友に さっきの女性は?と尋ねられ、

手伝いの女だよと 言う最後のシーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闇の列車、光の国

Sin_nombre

    脚本・監督 キャリー・ジョージ・フクナガ

右側の若者、カスペル は ギャング集団に属している。

職業sign02ギャング。勤務中sign02たびたび恋人と逢引したりして、

ボスにボコボコにされる。組織の規律は重視され。

いっしょに行動するオチビさん↓も

Sin_nombre2_p

カスペルと同じように13秒なぐられ、蹴られる。

ボスは 見るも恐ろしい 顔面タトゥーで、体中も

タトゥーだらけ。凶暴さを誇示してsign02服を着ていない。

血も涙もない悪魔のようなそのボスが

自身の子どもには、普通のパパ顔で、抱っこして、

あやしていた。そこが 鮮明に残っている。

もうひとつは

列車の屋根の上に乗り、国境を越える移民たちに、

果物を投げて与える沿線の住民もいれば、

地域によっては石をぶつける人も。

6月公開時に見そびれて、やっと見た。

この映画と重なるからと、

ラテンビート映画祭で

「僕らのうちはどこ?」を見なかったけど、

見ておけばよかった。

which way home 監督 レベッカ・カンミサ

映画の帰り、JRのドア上部の広告で、

「オーバーステイをしている外国人の皆さん」

を偶々、 見てしまった。

1自ら入国管理局に出頭したら、罰金いりません。

2入国できない期間は5年以上のところ、1年に短縮できます。

ハングルと漢字での呼びかけだった。

学校へ行っている

娘さんだけ日本に残った家族のニュースも思い出した。

今年は、川を渡って国境を越える映画多かった?

(・_・)エッ....? 私が選んだのだ 

続きを読む "闇の列車、光の国"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

9月18日

ラテンビート映画祭で

「アベルの小さな世界」を見た日。

プロデューサが Q&A に登場。

2010年のことです。映画祭では、

この作品 これが初めてとのこと happy01 sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月17日

「さすらいの航海」を見た日。

フェイ・ダナウェイ / マックス・フォン・シドなど。

ナチが開戦前 「ユダヤ人迫害をしていません。この通り、

船での移住も希望すれば・・・」という宣伝の

一環の大旅客船。

けれど、移住先の ハバナには

上陸させないという手筈。

カストロ以前のキューバ政府とナチの密約。

故国をすて、ナチに殺されないために

移民の道を選んだユダヤ人たちが、

アメリカにも上陸できずに航海。

結局オランダ・イタリア・イギリスなどが

ひきうけてくれることに・・

船長マックス・フォン・シドがその電報を手に

実際の事件だからエンドロールで登場人物の

その後もでたかも。

~~~   ~°。~~~~   ~~~~~~。   ~~

~~。~~~   ~~~~~~~。   ~~~~~~

  

~~~  ~°~~~~   ~~~~~    ~。~~

この年 名画座も含め35本みて

「さすらいの航海」が1位。

スター誕生、ロッキー、マラソン・マン、友よ静かに死ね、

合衆国最後の日、ダウンタウン物語、シンデレラ、家。

Happy birthday!
〃〃\(0⌒⌒0)/〃〃

1931年9月17日

アン・バンクロフトが生まれています。

「卒業」

「愛と喝采の日々」でのシャーリーマクレーンとの

とっつかみあい のけんかシーンも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月16日

「さらば夏の光よ」

「炎の肖像」

を見た日。1976年。記録だけ。

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!! な~んも 覚えてない。

Daiseikou

1956年9月16日

ミッキー・ロークが 生まれています。

「白いドレスの女」で初めて見た。

いわれるほど、ステキとは思わなかったが、

登場シーンが少なかったこと。

天井近くの棚の上に寝転がっていた。

「レスラー」まで10本くらいは??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月15日

「江戸川乱歩の陰獣」を 見た日

1977年。香山美子主演

 

酔いがさめたら、うちに帰ろう 東陽一監督 鴨志田穣原作

香山美子さん 出ていますsmile

漫画家・西原理恵子さん の家族の物語。

第23回TIFF東京国際映画祭

日本映画・ある視点 オープニング作品

 

香山美子さんは

リカちゃん人形のモデル の女優 sign03 sign02

美人だもの だったもの  ネ。

リカちゃん人形の名前は 新入社員バージョンで

ぶらさげた名札に 「香山リカ」

カヤマリカ という音だけだと、精神科医の顔が・・・・

映画はぜんぜん覚えていない。香山美子の

ヌードがチラリあった。

どうして?こんな映画にでたの?と思った。

 movie 高田馬場 パール座

1945年9月15日 カルメン・マウラ 生まれる。

「ボルベール帰郷」 の おかあさん役の女優。

長女の モグリの美容室で、

ロシア人のふりをしていた ネ。

もっといろいろな作品を見たい heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)