« 15周年ポスター | トップページ | 100人の子供たちが列車を待っている »

映画館でみた映画

みなさん、さようなら 1/31

塀の中のジュリアス・シーザー 2/24

希望の国 3/10

100人の子供たちが列車を待っている 3/20

世界にひとつのプレイブック 3/28

愛、アムール 3/30

千年の愉楽 4/4

恋のロンドン狂騒曲 4/25

4月までに映画館で見た映画、未記録分

濱田が 小学生演った。ドリフのコント?

刑務所が本物、本物の囚人が 刑務所で・・・

ジュリアス・シーザーの芝居を演る。

観客は もちろん 一般市民。

予告編でイイカモ happy02

タヴィアーニ兄弟が 監督なら イイカモ 

bleah 残念 眠ってしまいました。

芝居の稽古が終了すると、二重に施錠された

独房へ かえってゆくシーンが印象深い。

2月24日は東京マラソンで 銀座通りが

通行規制されていた。

大谷直子と夏八木勲夫婦の静かな演技と

若者たちの喚く台詞の対比。

あれから2年という日に 見た。

10月公開の時から 見逃しが続いていた。

日本では資金が集まらず、英国、台湾の出資による。

ジェニファー・ロレンスがアカデミー賞主演女優賞

以前は病んだ人の役やると もらえるといわれたが。

ハッピーエンドの 楽しい映画。

途中はどきどきも。

ジャン・ルイ・トランティニャンを 見たくて。

ミヒャエル・ハケネ監督は 「白いリボン」の時より

わかりやすかった。

私自身が両親の介護をしてきたからかも。

よほど、途中ででてしまおうかと・・つらい映画

中上健次作品も、

若松孝二作品も 初めて。

きれいな若者がでてきたが、

ミヨシ役の俳優は 耳にピアスの穴。sign03

ウディ・アレンの得意とする群像劇

クリスタルという イカサマ占い師が

本物のイカサマ師に みえてくる。

アンソニー・ホプキンス が若ぶってがんばる姿は

痛々しいが・・現状維持OKとする老人たちは

みならうべきだ。

ジョシュ・ブローリンの原稿の顛末は

「マッチ・ポイント」をおもいだす。

どうなるのでしょうネ。

ホプキンスの妻が 娘ナオミ・ワッツが

起業の当てにするほど年金収入があるらしい。

英国の年金制度に 興味がわく。 

|

« 15周年ポスター | トップページ | 100人の子供たちが列車を待っている »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/57323876

この記事へのトラックバック一覧です: 映画館でみた映画:

« 15周年ポスター | トップページ | 100人の子供たちが列車を待っている »