« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月13日

数年ぶりに咲いた ジャーマンアイリス

Photo10日金曜日に咲いた1番花から数えて4番と5番

5番の アップ

できない。sign03 

昨日からエラー続き。

1日経ったのに (;´д`)トホホ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100人の子供たちが列車を待っている

Cien_esperando

3月20日にみた。

1988年 チリ映画

監督 イグナシオ・アグエロ

ドキュメント 

サンティアゴ郊外、ロ・エルミーダに生まれた子供たちは

貧しさゆえに1日1食。

ほとんどが映画を観たこともない。

映画というものを 教えるのは 女性教師。

彼女は 映画しくみや 歴史をわかりやすく

楽しく 語りながら 簡単な装置を作らせる。

子供たちは 実際に動かしたりのぞいたり。

見ている私も フムフム、なるほど。

ひとりが1コマ描きフィルムを仕上げる実習。

テーマを決めるとき、春、夏、秋、冬なども

あったが、「デモ(抗議運動」 に決まる。

死んでいる人や 警官など。こどもたちの日常が

浮かび上がる絵にハットする。こどもたちには隠すことでもなく

貧しさも含めて 自分たちの世界なのだ。

映画に興味いっぱいであることは

子供たちの笑顔でわかる。

途中で、将来何に なりたい?という問が

何人かのこどもにかけられた。

覚えているのは「兵隊」。(軍人だったかもしれない。)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

私が小学生の時の担任が 女性だった。

熱心な先生(だったのかナ?)で、1、2度

研究授業というのがあった。

講堂へ教室ごと移動して

よその学校からも見学の先生たちがきた。

下準備を十分に わたしたち子供も。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そんなことを思い出したのは

時代の違いかもしれない。この教師は上手な教え方の

模範授業をしたわけではないし、こどもたちも

とても自然だった。

1895年パリで 映画が誕生した。

リュミエール兄弟の「列車の到着」

それが作品タイトルになっている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画館でみた映画

みなさん、さようなら 1/31

塀の中のジュリアス・シーザー 2/24

希望の国 3/10

100人の子供たちが列車を待っている 3/20

世界にひとつのプレイブック 3/28

愛、アムール 3/30

千年の愉楽 4/4

恋のロンドン狂騒曲 4/25

4月までに映画館で見た映画、未記録分

濱田が 小学生演った。ドリフのコント?

刑務所が本物、本物の囚人が 刑務所で・・・

ジュリアス・シーザーの芝居を演る。

観客は もちろん 一般市民。

予告編でイイカモ happy02

タヴィアーニ兄弟が 監督なら イイカモ 

bleah 残念 眠ってしまいました。

芝居の稽古が終了すると、二重に施錠された

独房へ かえってゆくシーンが印象深い。

2月24日は東京マラソンで 銀座通りが

通行規制されていた。

大谷直子と夏八木勲夫婦の静かな演技と

若者たちの喚く台詞の対比。

あれから2年という日に 見た。

10月公開の時から 見逃しが続いていた。

日本では資金が集まらず、英国、台湾の出資による。

ジェニファー・ロレンスがアカデミー賞主演女優賞

以前は病んだ人の役やると もらえるといわれたが。

ハッピーエンドの 楽しい映画。

途中はどきどきも。

ジャン・ルイ・トランティニャンを 見たくて。

ミヒャエル・ハケネ監督は 「白いリボン」の時より

わかりやすかった。

私自身が両親の介護をしてきたからかも。

よほど、途中ででてしまおうかと・・つらい映画

中上健次作品も、

若松孝二作品も 初めて。

きれいな若者がでてきたが、

ミヨシ役の俳優は 耳にピアスの穴。sign03

ウディ・アレンの得意とする群像劇

クリスタルという イカサマ占い師が

本物のイカサマ師に みえてくる。

アンソニー・ホプキンス が若ぶってがんばる姿は

痛々しいが・・現状維持OKとする老人たちは

みならうべきだ。

ジョシュ・ブローリンの原稿の顛末は

「マッチ・ポイント」をおもいだす。

どうなるのでしょうネ。

ホプキンスの妻が 娘ナオミ・ワッツが

起業の当てにするほど年金収入があるらしい。

英国の年金制度に 興味がわく。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »