« ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ »

アルゴ

おもしろかった。

10月24日18時10分

130席余に お客は10人ほど(;ω;)

宣伝が足りないの?

Argo2

監督・主演 ベン・アフレック

プロデューサー役のアラン・アーキンと

特殊メイクの腕を変われたジョン・グッドマン(巨漢のほう)

映画の最初、イランの 歴史の

パーレビ国王まで時代の概略が紹介される。

ああ(゚ー゚)そういうことか(^^)vと、そして

本筋に突入。わかりやすい。

人質救出作戦で偽映画作戦。

見ている間も 何度も これがエンタテイメントhappy01

と ニコニコしちゃうほど。

おもしろかった。

Argo

カナダ大使私邸へ逃げ込んだ大使館員6人に

偽映画の撮影スタッフという、

偽の身分を覚えさせるシーン。

人質奪還プロのベン・アフレックが

革命軍のどんな尋問にもそれぞれが

普通に答えられるように指導。

たった2日だけ。

イラン・CIA・ハリウッド。

ハリウッドのシーンで笑わせ、

イランのシーンは残虐さとハラハラさ。

CIA=アメリカ政府は内部の統一がアホ。

うまくまとめて一本の映画ができあがった。

ベン・アフレックは今まで知らなかった。

キャストも

プロデューサー役のアラン・アーキンと

特殊メイクの腕を変われたジョン・グッドマンの

ふたりを 名前知っている (*´σー`)

何故?アルゴを こんなに見たかったのだろう?

面白い作品、難解でない作品、

私の脳の状態、気分にぴったりだった。

久々に ブログすぐに書く気分になれた。

aru

|

« ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/56076247

この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ:

« ミッドナイト・イン・パリ | トップページ | チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ »