« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年4月

コーマン帝国

ドキュメンタリー 今年は 極めよう?

映画のチラシをみたら、

登場するコーマン・スクールの先生と生徒たち

ずらずら いっぱい つい見ちゃった happy01 

Roger Coman 1926年4月5日生まれ シカゴ。

エヘンと威張る私。監督作品は1本も みていない coldsweats01 

大勢の 映画人 中で、

ジャック・ニコルソンが いっぱいコメントしている

彼のコメントで始まるスタート 昔の映画風に、

画面が 黒く白すじが 入ったり。

Coman

この人が コーマンさん だと 思う。

そして、

若い若いニコルソンの映像も。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

自分の家を抵当にいれ借金し作る映画は、

大きな賭け事。

という姿勢。

そして、2日間でつくる低予算映画の話。

殺される部族の役者に カウボーイの役の依頼。

次回作品かと思ったら、現作品で、

この役者は殺す側と両方を演った。とか・・・

「古城の亡霊」撮影で借りた城が、

まだ借りられるからと もう1本撮影しちゃう。

などなど 愉快愉快。

イージー・ライダー 最初は

ジョージ・チャキリスに配役されそうだったが、

彼は運転できないよと、

ピーター・フォンダが進言?して役を得た。とか。

帰宅してから、

スクリーン外国映画・テレビ・大鑑1975年。

映画でははっきりわからなかった点を調べた。

ポオ作品の連続映画化

エドガー・アラン・ポーの  云々。

「黒猫の怨霊63年。

飲んだくれ夫が

妻と不倫相手を殺し壁に塗りこめた時、

妻の愛猫も一緒に。警察が調べにきたら、

どこからか猫の声。

これは 小さい時読んだ作品だ。

おもしろかったから、

記憶しているが、不倫?こどもだったのに、

漢字も読めなかったと思う。

映画とはぜんぜん 別の部分で感慨にふけった。

武蔵野館 26日13時30分。 入りは良い。

前の回のお客さんに老婦人がたくさんいて、

???だったが、コーマン映画を 

公開当時に鑑賞した人たちかも。

 happy01 血しぶき 血まみれ

バイオレンス ありったけの w(゚o゚)w 

どうだったのでしょうか 。

レイトショーでの作品上映が

連休前で終了してしまいました。

何か1本でも 見たかった  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリリン7日間の恋

ローレンス・オリビエ

Laurennce Olivierに招かれ英国で、

「王子と踊子」撮影中のマリリン・モンロー。

精神的に参っちゃった彼女をささえた、

サード監督と大女優?マリリンの休暇。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

安下宿から撮影所に通うサード監督だけど、

お坊ちゃん監督といっても英国だからスゴイ。

マリリンをウインザー城へ案内する。

マリリンのコネ+図書館長が僕の名付け親。

それで 入城。

全寮制の母校へも案内する。

エリートたちにもマリリンは大人気 happy01 

Marilyn

アカデミー賞ノミネートされたミシェル・ウィリアムズ。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

イヴの総て

ナイアガラ

紳士は金髪がお好き

3本を 東京MXのシアター092で、

見たばかりだったので、 think だから

マリリンが身近happy01にあって、この作品を

チョイス。

映画はサード監督がマリリンの映画を

別れた後、劇場で見ているシーンで始まる。

撮影中は演技コーチ同伴のせいなどで、

LOに うまくあわせられなく行き詰まるマリリン。

遅刻のマリリンを やさしく待つジュディ・デンチも

心の中はどうなのかしらと ドキドキ。

LO のほうは マリリンを、

(人寄せパンダ)と甘くみていたが思いがけず、

演技の良さに密かに敬服????

徐々に 自身の老人ぶりが 気になりだす。

3度目の結婚相手のアーサー・ミラーも

マリリンと気持ちの行き違いがあり、

米国へ戻ってしまう。

LOに言いつけられるまま、

マリリンを見張るサード監督も

何が何でも映画の仕事をしたいところから、

成長した7日間だったはず。

マリリンは鮮烈だったのだろうナ。

日本では

美人という伝聞よりグラマーが優先していた。

と思う。

4月7日 渋谷 初回 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレンジと太陽

あの名匠ケン・ローチ・・・・二日前に見た映画の

監督の息子。親子の作品を続けてみたw(゚o゚)w

生まれて初めて・・・?・・だろう happy01 ?

ジム・ローチ監督作品

英国からオーストラリアへ子供たちが送られた。

映画はその真相を明かした女性の話。

もどかしいのは非道なこの仕打ちを

誰が計画し誰が利益を得、100年以上

(13万人の子ども)繰り返されてしまったのか。

詳細には語っていない。

マーガレット・ハンフリーズを演じた

エミリー・ワトソン

Oranges

マーガレットがオーストラリアと英国を行き来し、

母親、家族と移民させられた子を

結び合わせる。

子どもたちが、虐待されていた事実は

やはり

強烈だ。

マーガレットの家族の強い結びつき、

やさしい夫、わかりの良いこどもたち。それが

暗いテーマの映画の中で救いになっている。

そして、

明るいオーストラリアの風景。

Oranges4_3
クリスマスにオーストラリアでプレゼントを

もらったマーガレットの息子が

お返しのプレゼントは?と促されたとき、

「ママをあげたよ」 

好きなもうひとつのシーンは

探していたジャックの母が、1年前に亡くなっていた。

それを伝える部屋選びの心配り。

明るい海の見えるそこで、ジャックは事実を知る。

エミリー・ワトソン 初めて。どこかで会ったような女性。

Oranges_emily

例によって 神保町での稽古の帰り。

重いテーマだから、

見たいみたいという作品ではなかったけど。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私の母の最期の頃のわたしを思い出していた。

鑑賞しながら。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

観客は思いがけず多くて びっくりした。

2012年4月22日 17時30分の回


父と息子が 映画監督というケースを

調べたがわからない。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスのその夜に

監督・脚本・製作

ベント・ハーメル

2012年4月12日 鑑賞

エンドロールのあと、

星空から流れ星が 落ちた先は、

イスラム教徒の少女に恋する少年が

ウィンド越しに眺めていたジオラマ。

そこを走る電車が入って 抜けるトンネルに

映画の提供会社2社の名前 o(*^▽^*)o

嬉しい演出 happy01

新年度が始まり 忙しくて 嬉しい think

映画の記事と 映画鑑賞と お仕事。

太極剣も 

あれこれ手を出しすぎかも。

身幅にあわせなければ

Christmas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルート・アイリッシュ

監督 ケン・ローチ 作品を 初めてみました。

民間軍事会社で働く民間兵。が主人公。

民間兵と聞かされても、ピンとこない。

イラク戦争に参加した民間兵ファーガス。

Irish2

雇い主は

民間軍事会社。

月10000ポンドの稼ぎになると、フランキーを

誘って参戦したが、フランキーは

ルート・アイリッシュとよばれる、

世界で一番危険な道路で車が炎上し

亡くなる。

リバプールの協会での葬儀で、

フランキーの棺にはユニオン・ジャックも

儀仗兵もないが、彼は勇敢だったetc.と

会社代表が挨拶。

民間兵・・・ふむふむ。

サスペンス映画ドキドキしながら

・・わいわい じゃなくて興味深く鑑賞。 


銃撃部だけでなく 車修繕部も。

スペシャリストを会社は集めている。

燃えた車の写真を一瞥して

日本車の新型か、韓国車のお古か

判別している。

銃撃戦や爆発が 日常茶飯事だと

映画の中でも繰り返し語られていた。

子供同士が爆撃で半壊した塀のそばで、

遊んでいる。ホノボノ Σ(゚д゚lll)アブナッ !

何がなんだかわからないうちに、












Irish1
携帯電話を 持っていたから、こどもでも、

自爆テロかと 疑ってかかるという。

携帯電話に残された動画から

徐々に友の死の真相が解明されてゆく過程や

車に隠して盗聴機として利用したり、

ファーガス かみそりのように切れる男。

しかし、戦場後遺症か、情緒不安定。

大声で怒鳴り散らすことしばしば。

ついには プッツして 

残酷な拷問までしてしまう。



続きを読む "ルート・アイリッシュ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »