« 無言歌 | トップページ | サラの鍵 »

マイウェイ

オダギリジョー

チャン・ドンゴン

監督:カン・ジェギュ

予告編みたときから、戦争映画だから、

見ない。と予定からはずしていた。

が、シュリの監督の作品 というので。

おもしろとイイナ happy01

戦争って、狂気だよネと思いながら

見ている最中も 年末の「坂の上の雲」の

戦闘シーンやラスト侍やプライベートライアンや

殺し合いのシーンを回想してしまった。

が、

これは韓国映画。やはり、

男と男の愛(友)情映画。すると、気分も楽になった。

開巻、バンザイ バンザイ シーンは、

やはり愉快ではない。

鑑賞中

お正月にテレビでみた「友へ親旧チング」の

チャン・ドンゴンをおもいだした。

あの時も すでに ヒネタ高校生だった。

マイウェイという作品に心底打ち込めていない。

中国人の女性スナイパーが登場するが、

シュリの監督ならではのサービス。と決める。

反日とか他の作品のタイアップとか

考えない。

俳優ふたりのファンのためには、

ドイツ軍捕虜となり、ノルマンディーで

攻撃壕の設営作業中の休憩シーンで。

ひげも綺麗に

エステしたてみたいな顔で

サッカーする姿をみせている。

わたしは列車の映像に

ハットするほど・・ほっとした。

ロシアに投降して列車に詰まれて雪に覆われた、

大陸を移動のシーン。

極寒の景色鉄橋を渡るる列車goodと 

地図上を移動する線。

(ロシア人は「おまえたちは捕虜でない、

戦争を起こした犯罪人だ」と言っていた。)

戦争映画、カン・ジェギュ監督は

「戦争を描いた映画は痛みを感じるものでなくてはいけない。

なぜなら、戦争は人間の行為の中で、

最も残酷なもの。苦痛をきちんと描かなければ

本質をとらえられない」

(2012.1.20読売新聞夕刊)

ぴんと来ない。翻訳がわるいのかも?

ところで、

マイウェイの鑑賞前の予告編で、

ヤクシマルヒロコが

幸せって

好きなひとのそばに

ずーっといられる

ことね

と 台詞を言っていたが、

台詞でいっちゃわないでヨ angry

2012年1月19日 午後。

「永遠の僕たち」遅刻し、鑑賞した。

|

« 無言歌 | トップページ | サラの鍵 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/53844471

この記事へのトラックバック一覧です: マイウェイ:

« 無言歌 | トップページ | サラの鍵 »