« MISS BALA/銃弾 | トップページ | 祇園囃子 »

アジョシ

母なる証明 のウォンビンと

冬の小鳥 のキム・セロン

予告をみたときから楽しみにしていた。

監督 イ・ジョンボム

「レオン」 の 韓国版?

いえいえ ウォンビンがとにかくステキhappy01

Photo

特に 髪を切ってからが 良いネ。

少女ソミを 助ける決心をして、

疎遠にしていた昔の仲間から火器を手にいれた。

その段階で 髪を切った 。その心境は

失恋した女の子の行動ともちがうだろうし、

考えてしまった。モヒカン?しないネ。

これぞエンタテイメントというおもしろさ。

短髪 スーツ姿で雨の中、

車へ歩く姿を俯瞰で撮った後ろ姿の残影がheart04

防弾ガラスの車の悪人をやっつけるシーンもheart02

追いつけるはずがないのに、

走る車をおいかける気持ちいっぱいの演技。

ターミネーター みたい ( ^ω^ ) 

麻薬中毒の母が麻薬を盗み、

とばっちりで連れ去られてしまう娘ソミ。

ソミ。

日頃ソミが万引きをしているらしい、雑貨店の

おやじさんが、

スッゴクsign03できた人(゚ー゚)

産むだけで母親というが

(悪い母のそばより)みんなで見守って・・・・

育っていけばと 。

ソミの出演シーンはそれほど、多くない。

が、悪に加担させられ黙って運び屋をやったり、

生きのびる。

良い子にしていれば、お母さんのところへ、

戻れる。それを信じて。

でも、拉致されている子供たちのひとりの

お別れ会のときの、ソミの表情や

おとなの会話の端でじっと黙っている様子。

よかった。

目球の件はわたしはだまされませんでした。

9月19日は 新宿満席だった。

そろそろ 空いているかと、

10月3日 地元で見たのだ。

ほんの少しの入り。

|

« MISS BALA/銃弾 | トップページ | 祇園囃子 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/52947279

この記事へのトラックバック一覧です: アジョシ:

« MISS BALA/銃弾 | トップページ | 祇園囃子 »