« スイッチを押すとき | トップページ | アジョシ »

MISS BALA/銃弾

第8回 ラテンビート映画祭

主演女優 ステファニ・シグマンが来日予定。

唯一チケットを購入していた作品。

上映前に PDアルベルトとともに

主演女優 ステファニ・シグマンと製作者が登壇。

彼の呼びかけで、

観客も起立して、麻薬戦争の多数の犠牲者へ、

黙祷。

映画祭での 黙祷を はじめて体験。

「楽しい映画ではないが、映画を楽しんでネ」と

アルベルト。

映画のはじまりはじまり。

壁に貼られた、たくさんの写真。モンローや

様々な女の写真。鏡の部分をのぞいて、ビッシリ。

スクリーンの左から右へ 主人公ラウラが移動。

でかける準備ができた。

隣室で弟がたたんでいたシャツを大袋に納め

シャツが50枚はつまっていそうなそれを

父親に渡し、

ミスコンにどうしても参加すると、父に伝える。

父は無理だろうヨというが、引き止めるのでもなく、

シャツを積んだ車で(仕事に)ゆく。

弟に、「学校へ送ってゆけない」

(つまり学校へは行かなくてもいい)「夜には帰る」と

町へでかける。

友人のスズとミスコンの予選1次審査。

スズは 付き添いで 応援者のようだ。

ミスになれば=大金。と 動機はそれだけ。

マニュキアがはげた 指でもスタイルと

顔で 1次クリア。

主催者側の女性ともともと知り合いだからかも。

スズが 強いコネをもつ友だちを紹介するからと、

クラブへ。

そこで 銃撃戦にまきこまれ、スズの行方もわからなくなる。

スズが心配で翌朝、町角で 交通課のポリに

クラブの現場にいたスズの事を聞くが、

ポリは ラウラを 悪党のところへ連れてゆく。

** Q&Aで 軍も警察も全部腐っているから、

    ラウラは逃げられないんです。と

    製作者。

ラウラは23歳だけど、チョビットまだ、警察を

信用していたわけです。

悪党に 脅され、本名や住所も知られ、ミスにするから、

仕事を手伝えといわれるままに、運転をする。

車を乗り捨て歩いているラウラを2台の

トラックが追いかけトラックの男に、

悪党のケータイを 盗られてしまう。

自宅へやっとたどりついたが、悪党が

深手をおって おしかけてくる。

父と弟の安全と引き換えに悪事に加担を決心。

ラウラの腹に ビニールテープを巻きつける。

丁寧に。どうするのか?ペソ紙幣?の束を

いくつもくくりつけて、銃器の売買の動くキャッシュ。

ラウラは お買い物ヨと

風雨が強まったので、中断します。9/21  14:14

22日 朝 再開

ドレスの下に紙幣をまきつけ、

国境を通過し、アメリカへ。

悪人たちは 無線やケータイで連絡をとっていて、

麻薬や武器の取引は別の場所。

ラウラが紙幣をはがされ戻る途中

銃撃戦に巻き込まれ る。

悪党が やってきて 装甲車仕様のトラック荷台に

血みどろの仲間たちとともにラウラも。

計画が有るんだか イキアタリバッタリ的な作戦だ。

荷台で、ラウラは 現金を渡した相手からの

伝言をひとつだけ、伝えた。

1「本名○○は 偽名を××という

二つ目の伝言 「○○は 信頼するな。」

悪党に伝えなかったのは、

滅んで欲しいから  sign02

弾丸びんびん飛ぶ現場から

ミスコンの審査会場へ。

ミスに選ばれてからもティエラを手に、

またまた悪党と 。

こんどは、長官の暗殺に加担することに。

ケータイをオンの状態で

ミスと長官だけの時を狙う計画。

このシーンが一番すごいsign03

ラウラが密告した。

身代わり長官とベッドインしているところへ、

弾丸が雨あられとふりそそぐ、

逮捕されて ラウラは

悪党たちとは別に 町外れで 放置される。

上映後のQ&Aは

1エンドクレジットの監督のメッセージのこと。

2バハ・カリフォルニアに住んでいた人の

実話が元ときいたが、どこまでが?

A ミス・バハが捕まったという部分から

監督が話を膨らませた。

3コロンビア人の女性。

この映画を作ってもらえてよかった。

4外国人の女性。臨場感がよかった。

5ラウラの背中のシーンが多かったが?

Aラウラがどういう人物か隠しておきたかった

ステファニ

肉体労働的な撮影がたいへんだった。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ステファニと監督に優秀賞の

人形が渡された。

メキシコの負の部分が描かれたが、

それを発信しなければいけないと

製作者。

映画を楽しんだわたしも、メキシコに関心がアップ。

|

« スイッチを押すとき | トップページ | アジョシ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/52790991

この記事へのトラックバック一覧です: MISS BALA/銃弾:

« スイッチを押すとき | トップページ | アジョシ »