« 北斎漫画 | トップページ | シャンハイ »

ペーパーバード 幸せは翼にのって

8月20日 土曜

銀座テアトルシネマ

エレベータ前の混雑が

道路からも みえるほどで びっく、びっくり

スペイン内戦の戦中、戦後

フランコ支配下での 芸人と軍部。

と 地味な 映画のはず。

3階の 「レッドクリフ」の芝居の観客でした。

夏休みも 公演の稽古でしぼられて、

落ち込んだりして・・・

さてさて

気合をいれて

映画の始まり始まり

Pajaros_de_papel_2

昨年ラテンビート映画祭2010で

各回上映前にながされていた、この映画です

夏ぼけで

ヨーロッパの映画ではおなじみ。

貧しくても小学校へ親が子供をつれて行き、

教師に引き渡すシーン。

夜の仕事(芝居小屋での手品やコント)だからと

ホルへは息子ラファの遅刻を言い訳する。

家では、宿題しなさいという父に、

「戦争中だからしない 」と口答えのラファ。

戦争中だからと、芝居小屋の座長からのギャラも

シブチン。楽屋の電話も 切れたりする。

電話で話したあと町に空襲警報が。

ホルへは地下鉄へ避難したが、

アパートは燃えていてラファと妻は亡くなった。

1年後

内戦が終了したマドリドで、

ホルへの相棒だったエンリケや芸人たちは

座長の面接や実技の披露をしている。

ホルへの腹話術はアメリカへ渡った芸人の

パクリのようだ。

16歳にならない少女は、

未成年者就労許可証がないので、

採用されない。

ミゲル少年は歌えるし手品もできると売り込み。

しかし両親の許可をもとめれらると、

ふたりとも墓地と語り、エンリケが面倒をみることに。

そこへホルへ。エンリケと再会しコンビも復活。

その頃軍では ホルへたちの劇団を

過激派と結びつけて動向をさぐっていた。

大尉にめいれいされたイケメン中尉は

劇団に潜入した。

劇場主は劇団をホルへに託し

劇団は村へ公演に。

村公演は 劇団員たちの

群像劇のように 描かれて

笑いもあり、なかなか

watch 

ラファを思い出させるミゲルに

暖かく接することができなかったホルへも

だんだん心を開いてゆく。

子供のほうがたくましいし、

生きぬいてゆこうとする若さがいっぱい。

時にはホルへの知人のお米をしっけいする失敗も。

公演さきの村で、一座の看板歌手カルメン・マチが

村長と結婚することに。

犬と老人のコントの犬が盗まれたり、

装置なども盗難にあい、とほうにくれていたが、

村長は次の村の公演と宿、食事のだんどりを

つけてくれた。

犬の絵を描いたミゲル少年は老夫婦に渡し、

老夫婦は一座を離れた。

曲芸もできずにこのふたりはどう生きてゆくのだろう。

マドリドを離れた公演でも、

軍部は目をひからせていて、潜入中尉とは別の

16歳少女に興味を示す中尉は少女の歌の

舞台をなめるように観る。

それにきづいたホルへは少女の歌をきりあげさせ、

自分が舞台に。

♪フランコのせいで物不足♪呼吸もできない♪と唄い・・・

劇場はしらけ、ホルへとエンリケは夜更け怒られる。

ニュース映画のなかの女性を指し、

ママ sign01ママと叫ぶミゲル。その件から

ミゲルの母の消息がわかり、ホルへは

彼女がいる病院へゆく。潜入イケメン中尉が

同乗する車からホルへは団の16歳の娘が

悪中尉の車に一緒にいるのを目撃。

危うく人をひきそうになる。

彼女がかわいそうでならないのだった。

病院では、ミゲルの母にやさしく語りかける。

壊れた心に。

ミゲルの折ったペーパーバードを渡し、

ミゲルのことは安心してくださいと。

病院からの帰り、車中で潜入中尉に

身の上を少し話してしまうホルへ。

手りゅう弾を両手に持った経験など。

妻子を亡くしてからの空白の1年が

すこしわかり、生き延びたホルへの

決意が政治的なものだとわかる。

宿へ戻ってからは、傷つき帰ってきた娘を、

いたわるために 入り口で待っていた。

反フランコの歌を歌ってエンリケとふたり、

夜更けにしかられた日も、

その場から連れて行かれたエンリケが

翌朝負傷して戻ったとき、

ヒゲをあたってあげ、介抱して抱きしめた。

エンリケは 泣いていた。

フランコを招いての一座の公演の話が

大尉からもちあがり、潜入中尉は

穏健な別の団をと進言するが、大尉は

応じない。

おっとと、肝心なところを おぼえきれていない。

最終シーンは ミゲルが おじいさんになって、

劇場でホルへの歌をうたっていた。

大尉→中尉 潜入して一座のメンバーの動向をチェック。報告。

中尉の力強い要望で、フランコを招いての公演。

ということになっている。

中尉は利用された。

ホルへの楽屋へ銃を握って舞台装置の男が来た。

彼らを襲撃しようとしている悪中尉のことを知り、

潜入中尉はホルへたちに逃げろという。

ホルへ、エンリケ、ミゲル、16歳少女。

組織の段取りでうまく逃げるが。

大尉が 仕組んだ upnotespacutekissmarkshineflairannoypunchbombnotesdown

映画おもしろかったよ。

|

« 北斎漫画 | トップページ | シャンハイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/52613590

この記事へのトラックバック一覧です: ペーパーバード 幸せは翼にのって:

« 北斎漫画 | トップページ | シャンハイ »