« 闇の列車、光の国 | トップページ | アメリア 永遠の翼 »

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

監督、脚本、編集 東陽一

1_p

アルコール依存症の夫は、

妻に悪態をつき、暴力をふるい、

妻の描き上げた原稿をやぶって・・

さらに何か・・・起きそうな拍子に、どさっと

気絶。

彼は、後に、閉鎖病棟での体験発表で、

原稿破りが

これがキッカケで、離婚したと語っている。

離婚の原因は、わかっても、何故酒を飲み続けたかは、

永遠にわからない。本人も。

妻は、離婚してからも見舞ったり、

「きっとできないだろう」彼の断酒宣言中も、

見守っている。

「一度好きになったらナカナカ嫌いになれない」と。

精神科の医者が「この病気は 患者にも、

家族にも世間は厳しい見方をします。」と。

アル中。薬中。お買い物中毒。

中毒にもいろいろ。

やっと克服したと思ったら、腎臓ガン。

MRIの結果の診断をきいた帰りの彼が、

川で水と戯れているような、川に感情をぶつけているような、

抑えた浅野忠信の演技は印象深い。

原作者鴨志田穣さんが世界中を旅しながら、

メコンやメナムやナイルかいろいろなたくさんの川と

作った思い出をかみしめて(*゚ー゚*)いるようだった。

エンドロールの 海が キラキラと 美しい。

深刻な映画かと・・そうでもない。映画は笑っちゃうシーンも。

西原さんが お約束の チョイ出演。

アルコール病棟が満杯で精神病棟に入院。

お昼に提供された病院食に ガッカリ。

カレーが、皆が食べているカレーが

彼には配膳されず、おかゆ weep 

何日も経ってから お口にできたカレー happy01

よかったね。

私が知っている(入院したんじゃない)閉鎖病棟に比べると、

おだやかな患者と

静かなスタッフたち。

アルコール専門病棟だからかしら。

妻も母も ギャンギャン騒ぐことなく、状況に対応できて、

静かだ。大騒ぎの時期のあとの物語だから。

居酒屋で飲んで、そこで気絶。

店員に起こされているが、本人は 息子と娘が

迎えにきた希望的妄想。

読んでいる本に でかい足が載っている怖い妄想シーン。

まだ、まだ、大丈夫な わ・た・し

電話魔ダヨ。

12月12日 午後見た。

観客。男の年配者が多い。

後方の席から眺めると 孤城落日の お頭並び。

次に多いのが若いカップル。そして、

わたしのような、西原ファン。永作博美ファン。

東陽一監督 サード以来です。

|

« 闇の列車、光の国 | トップページ | アメリア 永遠の翼 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

赤羽様
コメントありがとうございます
風邪ひきました shock
ボツボツ回復中です。
みなさんもご注意ください。

投稿: ánimo | 2011/01/27 14:41

それにしても、最近めっきり寒くなりましたね。お互いカゼには気をつけましょうね!

投稿: 赤羽の美容室スタッフ | 2011/01/22 18:05

TB返しありがとうございます。
この映画を観てますます西原さんが好きになりました。
情が深い女性だと思います。
永作さん、適役でした。

投稿: 西京極 紫 | 2010/12/25 00:45

王子様 happy01
こんにちわ。
コメントありがとうございます。
酔っ払いブログですけど、これからも
お立ち寄りくださいネ 

投稿: ánimo | 2010/12/22 09:24

考えさせられますね…。いつもこのブログを見るのがとっても楽しみです(*^^)vこれからも楽しみにしていますね☆

投稿: 王子のヘアサロンスタッフ | 2010/12/21 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/50360372

この記事へのトラックバック一覧です: 酔いがさめたら、うちに帰ろう。:

» 酔いがさめたら、うちに帰ろう。  監督/東 陽一 [西京極 紫の館]
【出演】  浅野忠信  永作博美 【ストーリー】 戦場カメラマンとして世界中を駆け回ってきた塚原安行は、人気漫画家の園田由紀と結婚し子どもにも恵まれるが、彼のアルコール依存症が原因で離婚。やがてアルコール病棟へ入院した安行は、そこで出...... [続きを読む]

受信: 2010/12/23 12:21

« 闇の列車、光の国 | トップページ | アメリア 永遠の翼 »