« ヤブラン | トップページ | 悪人 »

十三人の刺客

監督:三池崇史

「 本格的時代劇 」 という 惹句 sign03

たまには映画 と楽しみいっぱい の shadow 

と 見に行った。

あのネ「 悪人 」誘われたかったけど・・・・ smile

前日になっても まだ  迷っていた。

チャンバラ シーン 多いんでしょ?

2時間超のおわりの50分は 血みどろ死闘。

白土三平 の劇画を 覚悟していたけど、

それほど 凄くはなかった。

チャンバラより 

藩主の残虐さを表現する映像のほうが、

痛い。

shadow の 感想は

「これを言ったらおしまいだけど、

藩主一人を 斬れば 済む。

むこうは市村正親 だけ。

工藤栄一監督作品も見たいね。」

でした。

さむらい映画5本見よう happy01 には

乗り気 ゼロ でした。

十三人の 中で、剣が強いのは

伊原剛志 。

彼があずかる道場での一番弟子の若者が 

伊原の推薦で参加する。

NHKドラマで緒方(洪庵) 章を演った

窪田正孝。

窪田は 明石藩主暗殺現場へ急ぐ道中で

敵方の息がかかったならず者たちと

戦ったとき初めて人を斬殺した。

死闘の中で、

窪田は切られ意識も定かでなくなり、

視力もかすれるなかで、

師である 伊原の 戦うさまをみている。

天地が左右になって 窪田の目で

カメラが伊原を映している。

ヤラレタ伊原の目が 窪田をみた。

ただただ、斬りあうだけのなかで、

アクセントに なっていた。

十三人めに採用された山の民

伊勢谷友介のキャラも おもしろい。

侍じゃないという 自由さ。

ただ、

最後 に 山田孝之と 

死体ごろごろの現場で話をするシーンで、

走り方が 現代風というか・・・ 

踊るような走り方だったような・・・

シュワsign01 

スパ~

と走って欲しかった。 

エンドロールを

朝日新聞関係が すごく 力はいっている。

なるほど、

9月まで購読していたから、

「十三人の刺客」 の 記事があふれていた。

ベネチアで賞が とれなかった時は

「近い将来、ベネチアはこの選択を後悔

するだろう」とまで書いている。

明石藩主の稲垣吾郎は

以前 朝日の販促キャラしていたっケ。

|

« ヤブラン | トップページ | 悪人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/49614897

この記事へのトラックバック一覧です: 十三人の刺客:

« ヤブラン | トップページ | 悪人 »