« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

レポゼッション・メン

ジュード・ロウ主演

Repomen

臓器移植ビジネスの勝者の大会社に勤務する

ジュード・ロウ。

販売員でなくて、ローンの支払が滞った客から、

回収する部門。一級の技術者happy01

息子と妻がいる。

妻からは、勤務が不定期な回収部門から

定刻出退社の販売部門へ移るように、

ガンガンいわれているが、

人工臓器の取立てに魅せられている彼は・・・

収入もいいし、同僚や上司にも頼られていた。

近未来の話だから、突飛でもない道具がイッパイ。

人に向けて構えると その人体の臓器の中で、

人工のものをローン切れとか、残り何日とか

sign01 映し出す。

心臓腎臓肝臓眼球鼓膜ありとあらゆる商品。

そんな中で新発売の売り出し中の脳。

 (^-^;もしかして・・と思うと、そんな(^^♪

会社はお金持ちに一括現金払いで買ってもらうより、

ローンで利益を上げる仕組み。

「回収なんて、ほとんどありませんよ」

と客を安心させ、ローンで売りつける。

返済期限を過ぎてしまうと

回収人=レポメンが

回収してそれを調整して再販売しているの?

だから ウハウハ?

メーカーと信販会社が同じ?わかんないけど、

大筋に影響なしとうっちゃっておく。

あれこれあって、

ジュード・ロウは事故で自身が人工心臓の身となる。

社員割引なんか無いみたい。

人工心臓になってから復帰したが、

現場でメスを震えず仕事ができず、

ローンの支払もできない。

コンピューターに侵入してデータを消そうと試みるも、

失敗。

逃亡中に人工臓器の多重債務者の女性と

仲良くなり、

本社へ乗り込み、ピンクドアhappy01の部屋の

データを消去する。

冒頭のシーンは

ブレードランナーを思い出す。

あれは この映画よりもっと未来のことだよネ。

続いて、廃墟の中で タイプライターにむかう

男の背中。

ジャック・ニコルスン?じゃないヨ。でもネ・・。

前面から撮った絵で

タイプに視線を落とす男のおでこ。

見事な・・おおsign01 これが有名なM字。

小文字のような

ジュード・ロウの映画は 「マイブルベリーナイツ」

それ以来かと思う。

なんか 悲しいよ。 誰にも共感できなかった。

母親とともに行動している息子にも。

25日 日曜日 開映5分前でもラクラク。

この映画館は 駅前で 飛び込み。

ジュード・ロウ あんたは名優 weep 

ガタカの ・・・・無いから

リプリーの パンフレットを出してきて、

現実逃避をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィクトリア女王 世紀の愛

Victoria

19世紀 イギリス。

ヴィクトリア王妃時代が イギリスが

最も繁栄した時代といわれている。

ヴィクトリアが18歳で即位。

若き女王。その愛と真実の物語。

とても現代的な女性だとわかった。

行動的で、自分の意見をしっかり持っている。

11歳で、自分が王位継承の1位であることを

知り、厳重な警護の意味がわかる。

それにしても、

摂政令への サインを強いる

Victoria_m_p

母親の相談役で恋人?のこの男が 

力ずくでヴィクトリアにサインを迫るところは、

びっくりsign02 shock 

ヴィクトリアの母は夫の死に何かからんでいて、

この男はその秘密でもにぎっているのか?

ヴィクトリアがひどい目にあっているのを、

ただ黙ってみている。

で「わたし、あなたのこの仕打ち忘れないから」

とヴィクトリアが泣きながら怒りながら

言うシーン。かわいそうだったけど、

女王になってから キチンと仕返し。

かなり生ぬるいが。

改築中だった城ができあがり、その最初の

主となったヴィクトリアを訪ねた、

アルバート(将来の夫)が

「ここは寒いね」

ヴィクトリア

「たきぎは **部の管轄で、火をおこすのは、

××部の管轄で・・」というのも smile

ちらしを見たとき、英国王室のお話は

ブーリン姉妹、 ある公爵夫人、エリザベス

などなど 豪華な 衣裳と 貴族の館と

(◎´∀`)ノ (*^-^) ワンパターン

と 無視していた。

友人はラブストーリといっていたが、

それにしては ・・・・

サッカー漬の 日々を お清めのために、

7月6日 に この映画を選びました。

難しくないしよかった。

お母さん役で ミランダ・リチャードソンが

でていた。この女優は

ダメージの頃から、変わらずにおかあさん 。

大事なnote印象を ひとつ、

ヴィクトリアたち二人が見つめあったり、

決意をしたり、重いシーンに流れる曲が

「8時だよ全員集合sign01」の

少年少女合唱隊の あの 寸劇のあれなのhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ南アフリカ大会 ドイツvsスペイン

サッカーの王様 ペレと並び

サッカーの皇帝とよばれる

フランツ・ベッケンバウア。

1990年大会優勝のドイツ代表監督。

Alemania

←この人が

スペインは華麗なパス回しに

夢中になり

ゴールを忘れるんじゃないか・・・sign02 happy01happy01 

おもしろい o(*^▽^*)o

soccersoccersoccersoccer

そんなことをチョコット頭の隅において早寝。

今大会初めて、despertador のお世話になり、

3時15分に 起床した。

入場、国歌斉唱としっかり観戦。

ドイツ国歌は ベートーベン(*´ェ`*)?

おなじみの 曲調が後半に。

スペイン国歌は thinkthinkthink 曲名わからず。

soccersoccersoccersoccersoccersoccer

スペインが勝ったから良かったのは

当たり前。惜しいシーンもあった。

後半 フェルナンド・トレースが入ってからの

時間帯で、

ペドロがドリブルして二人のDFをかわせそうで、

自分でいくのか、トーレスに回すのか

迷っていたようなシーン。

若い(と記憶)ペドロは前半も積極的に

シュートしていた。枠内は confident sign03

ここもわき見せずに、

いくべきだったのでは ・・・w(゚o゚)w

(w(゚o゚)w日本のオバサンの立場でずいぶん

偉そうに コメントするねヾ(´ε`*)ゝ)

スペインはソフィア王妃が 観戦していた。

Casillas は 今回もみせました happy01

0-1で スペインが決勝へ初めて。

España

de cabeza en su primera final del Mundial

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ南アフリカ大会パラグアイvsスペイン

ゴールキーパー Casillasは このゲームでも

happy01 happy01 happy01 の活躍。íker Casillas

Casillas_p

no puedo escribir  Japonés.

大文字 I に acento がつく。 Iker Casilla

PKを止めた。 

終了間際、 パラグアイがコボレ球をおしこもうとしたのを

右脚で阻止。

Villa の得点も あの位置にいたから。

ゲームの先まで見通している

特別な力=才能??・なのかな。

起床が4時10分で前半チョコット見ただけ。

後半は フェルナンド・トレスともうひとりが、

交代するまでは、

先日ポルトガルと戦った時の華麗な

パス回しもほとんど無かった。

交代してからは、戦術が変更?されて

スペインらしい パスをつないでのゲームだった。

続きを読む "ワールドカップ南アフリカ大会パラグアイvsスペイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MUNDIAL 2010

今回はもう 出ない人たち

Las estrellas del Mundial

続きを読む "MUNDIAL 2010 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ南アフリカ大会ブラジルVSオランダ

前半と後半でブラジルは まったく別のチームだった。

この監督もとでの試合の組み立て方が

ひとり退場し10人になったとき

崩壊sign02 

ブラジルの こんなゲームは ・・・・

soccersoccersoccersoccersoccer

11時26分 

テレビをつけたら 既に

1-0 になっていた。

圧倒的に ブラジルがボールを支配して、

オランダは 「だらしないナ」状態。

カカのシュートはGKにはじかれたけど。

でも、オランダって こんな???

(この大会、わたしは

オランダの試合をじっくり 見ていないから。)

イエローを既に持っている選手に攻撃を

しかける戦術できりくずそうとしていたが、

その選手が 交代しちゃって。

後半戦  どうしようかな???

サッカーの醍醐味を満喫するゾ。と

後半戦へ突入。

オウンゴールで追いつかれ、

レッドでひとり退場。

セットプレーも ・・「惜しい」というレベルでなく、

敗退。

わたしも グッタリ。

ガーナの試合も見るつもりだったけど、

起きなかった。

ガーナはハーフタイムで 円陣を組んで

引き上げてゆくのが、いいhappy01

PK戦で 敗れたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »