« 奈良遷都博 | トップページ | 堕天使のパスポート »

フローズン・リバー

監督・脚本 コートニー・ハント

Frozenriver_directar この女性。

長編第1作 で 凄いsign03 

ドキドキもし、ほろりもし、

貧困、密入国、家族のいろいろ、社会問題

てんこ盛りだけど、

映画ってエンタメだ。おもしろかった。

主演 レイ=メリッサ・レオ

    ライラ=ミスティ・アップハム

ギャンブル好きな夫が大金を持ったまま

蒸発。

Frozenriverhouse

古い家にふたりの息子とギリギリ暮らす母レイ。

手付金をうった新しいトレーラーハウスが着くが

おろされず、戻ってゆく。

夫の車をバス停で拾ったと主張する、

原住民女性ライラ。彼女も子どもがらみで、

大金が必要だった。

アジアからの不法移民をアメリカ側へ

密入国させる仕事に白人のレイを誘い、

Frozenriver3car

凍った川を渡る。

サスペンス劇sign02 の部分thinkもあるから

つづきは ・・・

昨年読んだ 本の著述と重ねて観た部分もある。

「密航屋」

野村宏之/著

新潮社

この著者が所属していた組織などで

運ばれた人たちの

その後やその経過が映像になっていた。

末端ではこんなふうに普通の主婦も裏世界に

組み込まれている。

などなど。

レイの息子が 

新しいおうちが来たら、古いお家はどうなるの?

・・・ペッチャンコにして中国へもってゆくの

それから?

・・・溶かして オモチャニなるの。

それから?

・・・戻ってきてママの1ドルショップで売るのよ。

わかりやすい解説

パキスタン人夫婦を 運ぶとき彼らの

大荷物を テロ爆弾かと思い込み、

途中捨てる。アメリカ側の引渡し場所で

カバンの中身が夫婦の赤ちゃんと知り、

レイとライラは 捨てた場所へ戻ったが 

カバンのなかの赤ちゃんは息を

していなかった。

助手席で、赤ちゃんを胸に抱いたライラの

顔が困ったように、悲しげに良い顔だった。

赤ちゃんが息をもどした。

レイもライラも母親。白人とか原住民とかで、

最初は互いが信用できないでいたが、

それぞれの未来とか家族とかを

おもいやる 心の余裕みたいなものが、

だんだんと広がってゆく。

Frozenriver4baby

|

« 奈良遷都博 | トップページ | 堕天使のパスポート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/48601705

この記事へのトラックバック一覧です: フローズン・リバー:

« 奈良遷都博 | トップページ | 堕天使のパスポート »