« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

誰がため

デンマーク映画

ヨーロッパの国々の例外とはなりえず、

ナチスに統治権を剥奪され

占領された国の

レジスタンス運動の実話に基づく映画。

4月9日 それは 起こった。と 映画は始まる。

「冷たい雨に撃て  ・・約束の・・・」を見ようと

思っていたが、

チラシで魅かれたこの作品が銃撃いっぱいで

1週間  ポーット、・・仕事もあったし、

珍しく、映画を整理してみた。

デンマークって・・・チーズ・・

世界3大がっかりの 人魚 ローレライ。

詳しい知識がほとんど無い。

地下レジスタンス組織のメンバーの

二人が主人公で、ひとりの若者は

寝返った同士や裏切りモノに対する

過激な 殺戮でゲシュタポから懸賞金がかけられるほど。

もうひとりは、妻と娘に心配をかけている自身と

使命に悩んでいる。

印象的なのは コンビではドライバー役だった彼は、

初めての殺人のとき 失敗した。初めてだったから。と

そんな彼が、最後(最期)は銃やバスーカや手榴弾や

あらゆるものを 使っていた。

このふたりが 組織の誰かに個人的に

利用されていた ようだという話で、哀しい。

Flammen_citronen_p

昨年末の

ポー川の光

の鑑賞のように

ならないように

履歴を。

2010.05.16 一週間前の 鑑賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アリス・イン・ワンダーランド

こどもの日 に ふさわしく

アリス・イン・ワンダーランド

監督 :ティム・バートン

アリス :ミア・ワシコウスカ

Alice1_p

うさぎを追いかけてこの穴に落っこちて

Alice21_p

アンダーランドへ

いろいろあって、think think むずかしいことはゼロ。

Alice3_p

頭の大きな姉と、白いドレスに黒い唇の妹の

姉妹けんかで、白組の騎士となる。

白組が勝ち。

帰宅?したアリスも成長して自分で進路をみつける。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

3Dでなく鑑賞。

アリスが穴に落ちるシーンほか 

こここゾ3Dでお楽しみくださいシーンが

たっぷり。

どこでもドアみたいな絵もある。

姿を消すことができる猫はネコバスだったら

もっと役立ちそう。

ワンダーランドの植物は全部チョコかも?

ウォンカさん スティックを お忘れですよ。

あの白い妹は 曲者ですよ。

ほらね、姉を追放して

で、で、お姫さまおひとりで、

どうするのかな。王子様が登場していなかった。

ルイス・キャロルの原作は読んだことがない。

むか~し 昔

「不思議の国のアリス」のジグソーパズル。

あの絵ではトランプは 悪くはみえなかった。

続きを読む "アリス・イン・ワンダーランド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮御苑

Kiyomasanoido

都内有数のパワースポット

清正井です

こういうものの撮影は難しい。20センチほどの

深さに手をひたしてきました。

_p

明治神宮御苑 にあります。

MEIJI JINGU  INNER GARDEN

明治神宮は 春の大祭の初日で

儀式の様子をみることができました。

神楽「浦安の舞」奉奏。

娘時代の母が装束を身に着け舞う

「浦安の舞」の写真を

子どもの頃何度も母のアルバムでみたことを

懐かしく思い出しながら。

Urayasu_p

清正井は人気が高く10時30分頃入手した

整理券は13時から拝観のもの。

「浦安の舞」をみてもまだまだ時間がいっぱい。

そこで

こちらも人気の原宿プリッコで 

予定を早めてプリクラ。

竹下通りの人混みの凄さにパニック寸前。

今までの群集の記録はあっさりヌリカエられた。

そして

静かな御苑で清正井を。

青空に新緑 ツツジがちらほら

清らかな水面には鯉がすいすい。

大きな亀も上手に泳いでいて

のんびりのんびり。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

電車が混まないうちに帰ろうと、

他の予定はやめて、駅へ。

……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

改札入場制限w(゚o゚)w

都内は空いていると思ったのは

大間違いでした。

女の子が何人も A4用紙に書かれた

「V6チケット譲ってください」

を両手に広げて立っていて、

東京ドーム近辺で「内野席・・」とつぶやいている

オジサンの逆パターンsign02

代々木体育館でコンサートが。

東京見物

月末は浅草へ。

自分の芸の足しになるものが

あるかも・・ないかも・・と

20100430

浅草も 外国人が多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »