« カティンの森 | トップページ | 渇き »

戦場でワルツを

イスラエル・ドイツ・フランス・アメリカ合作

イスラエル映画

戦争映画、アニメーション映画。

アリ・フォルマン監督

26匹の犬が自分の家を取り囲み、

出てこないと、他の住民を殺すぞと

脅される・・・・そこで目が覚める。

そんな夢を2年前から見るんだ。

と 

相談された映画監督が

自身もかかわったかもしれないと

20年前のレバノン従軍時を 

人々へのインタビューの積み重ねで

戦争の実態を描いている。

ショパンのワルツにのり、機関銃を乱射しながら

舞うシーンもすごい。

馬が虐待され苦しみながら死を待つシーンが

衝撃。

アニメーション が マッチしている。

1982年9月のパレスチナ難民虐殺事件。

1940年4月カティンの森事件。

2010年4月6日 映画をみてブログにアップ。

まだ私の脳が最悪になる前に見られてよかった。

|

« カティンの森 | トップページ | 渇き »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/48014723

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場でワルツを:

« カティンの森 | トップページ | 渇き »