« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

オーケストラ!

監督 ラデュ・ミヘイレアニュ

フランス映画

Concert

久々さわやかなhappy01、でも ホロリとくる映画。

ボリショイ交響楽団の主席指揮者で、

今は劇場の清掃員。

彼が、楽団を追われた仲間たちと、ボリショイ交響楽団に

なりすましてパリの一流劇場で公演する。

ブレジネフ政権時代のユダヤ人排斥のあおりで

追放されたという過去がからんでいるけど、

政治映画じゃない。かといって、音楽映画?

恋愛映画?ドタバタ喜劇?

どうでもいいの。見ている間ずーっと幸せだった。

楽しかったり、ドキドキしたり。

Concert3_p

チャイコフスキーのバイオリン協奏曲、

ソリストは、フランスで人気の 彼女を指名する。

続きを読む "オーケストラ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日かあさん

京都へ行ったら是非、行って見たい

京都国際マンガミュージアムの

イベント情報が 届いたので、

ココログに 動画を アップする お稽古happy01


生描きを見られたなんて うらやましい。

「毎日かあさん」は市立図書館にあったのですが、

蔵書検索かけても

「まあじゃんほうろうき」は ありませんでした。

「風と木の詩」は 検索してみませんでしたが、

絶対sign03 ないでしょうhappy01

愛蔵版持っているし。 

「日出処の天子」 懐かしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

NINE

監督 ロブ・マーシャル

ブロードウェイのヒットミュージカル。

ゴージャスな顔ぶれに 惹かれて、

音響の良い劇場で鑑賞しようと

張り切ってでかけた。

春休みど真ん中の3月22日に見た。

知っているナンバーがあるわけじゃない。

ただただ おっsign02 ローレン 久しぶりsign01

みんな 歌 うまいな。

N・キッドマン 楽しみにしていた人は

ちょっとの登場で アレレレ っと思ったかしら。

スランプの監督の逃避先へ撮影所とスタッフそっくり

移しちゃう。

ミュージカルの 原作はフェリーニの「8 1/2」。

「8 1/2」にあったシーンとおもった

噴水のシーンは「甘い生活」だったかも。

当時 フェリーニに心酔している友人に

「甘い生活」よくわからないヨと 言ったら

それでいいのです。

と 。

映画作りにも、家庭にも行き詰った主人公の

少年時代の エピソードの中で 

海辺で おとなの女性とのかかわりは

フェリーにの「アマルコルド」?

とすれば 「青春群像」もどこかに?

見終わって 幾日たってもまとまらない。

結局 絢爛豪華なキャストshine

キャストとスタッフがこれまでに獲った

オスカーは 17shine

ゴージャスな 作品

クルスの ダンスの 開脚 吹き替えじゃないなら

おみごとsign03 

監督が カメオ出演ですって。

どこでしょうネ。

プンプンangryangry

隣席の ポテトチップをぽりぽり男。angry

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花のあと

監督  中西健二 

主演  北川景子

満開の桜と 藤村志保のナレーションで

始まり始まり。

ヒロインの第一声

アラ!**さんこちらでご一緒・・・・・云々

ズッコケというか 今風というか。

学芸会といったら失礼かしら。

北川の剣を楽しみに気を取り直して見た。

竹刀での試合のシーン。

今の竹刀と違って布で覆われている。

昔は、胴とか籠手をつけなかったので、

痛くないように布で覆った。

上泉伊勢守カミイズミイセノカミが考案。

と3段の人に教わった。4月1日のことだけど。

藤沢周平の原作。

台詞になれるまでは、

挿入される満開の桜、雪の残った山や山など、

豪華な景色に見とれた。

山形県で撮ったその景色が映画のできばえに

大きく貢献。

こういうのを、撮影監督の技というのかしら。

建具の開けたてなど細かい仕草まで、

丁寧に演じられていた。

そんな中で、正座したときの白足袋の裏。

ピッタリ足にあっていなくてシワが深い。

若い頃の 恋物語を 語っている設定で、

ナレーションがついている。

要職の武家に婿養子に入った

貧しい下級武家の四男

孫四郎と

ヒロインの家へ婿養子にはいる

武家の次男

才助、

ふたりの男の物語とみるとまた違ったおもしろさが。

悪役の市川亀次郎が

モノマネの コロッケにみえて コマッタ。

エンディングは 一青窈 の 歌が流れ、

昔の歌謡映画のことなんか思い出した。

3月31日 女性割引デー 半分以下の入り。

一年中割引の人たちが多かった。

続きを読む "花のあと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渇き

監督 パク・チャヌク

主演 ソン・ガンホ

久しぶりのガンホさん スマートで驚いた。

役のために、10キロ減量したそうです。

JSAから10年ぶり。

男性の観客が大部分でガンホさんは

男の人に人気があるのネと、見始めたら、

官能?シーンがいっぱいだったので、

納得した。

カトリックの神父であるガンホは

おもうところがあり、アフリカへ行き

奇病の原因究明の人体実験に参加し、

ガンホは死んでしまう。が

バンパイアとなって復活。この過程は

よくわからないけど、「これでいいのだ」。

包帯まいて帰国し、牧師として祈りの仕事。

人気者になる。

そんなおり、

孤児だった子ども時代の友人の母に

むすこの病のために祈ってくれと頼まれ、

友と妹に再会。妹と思っていた女性は、

拾われた子で、今は友人の妻であった。

洋服店を営むその家族と親しくするうち、

彼女の挑発に

つづきは 内緒。

バンパイアとなってから血液が補充できないと

奇病のぶつぶつが発症する。

協会の病院でこん睡状態患者の輸血を

チューチューと飲むガンホがかわいい。

病院のベッドでふたりはついに結ばれるのだけど、

延々と続くシーンのなかで、彼女の鎖骨のところへ

ガンホがソット噛み付いたところで、

彼女が感じすぎる自身に「わたし変態かしら・・」

happy01あなたは バンパイアに 変体しますと。

声かけしました。happy01

ポーの一族「エドガー」は 

耳たぶの後ろの脈打つ場所がお気に入り。

実写バンパイアはブラピもトムクルーズも

エドガーとアランとは比べようもないくらいだから

ガンホさん (*´v゚*)ゞ

バンパイアとなった彼女は路上で人を襲い

血を吸う。

鮮血を補充している彼女が、輸血パックで補充している

ガンホに 自分の方が 強いと威張るところもクスクス。

韓国映画で私は初見のマージャン。

水曜会と名をつけ集まる面々が餌食になる。

ガンホに血を吸われたフィリピーナが

覆われていた上着をどけ立ち上がる。

「渇き2」?

ジェームズ・ウッズがバンパイアハンターを

演った映画も 思い出した。

お陽さまに弱く 黒こげ状態で果てるバンパイア。

ガンホたちもお陽さまに弱い。

カガミはどうかしらというと、

彼女はチマチョゴリの生地を巻きつけ、

義母といっしょにカガミに映る。写る。どれだろう。 

続きを読む "渇き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦場でワルツを

イスラエル・ドイツ・フランス・アメリカ合作

イスラエル映画

戦争映画、アニメーション映画。

アリ・フォルマン監督

26匹の犬が自分の家を取り囲み、

出てこないと、他の住民を殺すぞと

脅される・・・・そこで目が覚める。

そんな夢を2年前から見るんだ。

と 

相談された映画監督が

自身もかかわったかもしれないと

20年前のレバノン従軍時を 

人々へのインタビューの積み重ねで

戦争の実態を描いている。

ショパンのワルツにのり、機関銃を乱射しながら

舞うシーンもすごい。

馬が虐待され苦しみながら死を待つシーンが

衝撃。

続きを読む "戦場でワルツを"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カティンの森

ポーランド映画

アンジェイ・ワイダ監督

「地下水道」も「大理石の男」も見ていない。

監督の名前をなぜか知っている。

「灰とダイヤモンド」も見ていない。

「カティンの森」事件。

監督の父親が他のポーランド将校とともに、

そこで虐殺された。

1939年宣戦布告もないまま、武装解除され

捕虜として連行されるポーランド兵たち。間際に

将校である夫のもとへたどり着いた妻アンナに

「軍人として国と誓ったから」と「逃げようと」誘う

妻と娘と別れる。

後に、夫の母に、そういうチャンスがあったのではと、

尋ねられて 彼女はくやしかったと思う。

息子の生存に懐疑的な義母に

「彼はわたしの一部なの。わたしは今こんなに

健康なの。彼も生き永らえている。」と強い

語調で主張する場面。彼女も不安なのに、

義母を励ましながら 自身にいいきかせている。

収容所で 

「武器は無くなっても、すぐに製造はできる。

しかし、熟練将校の知恵や人脈は

すぐにできるものではない。」と話していた。

まさにそれなのだ。

将校たちを集団虐殺。

歴史に詳しくないから、パルチザンで

生き延びその後射殺された甥。

姉と妹それぞれのよりどころとなる、

思想のちがいなど??も多かった。

兄はソ連により殺されたと刻んだ

墓石はキリスト?協会に拒否され、仮設置された

市民墓地で破壊された。碑を作った妹は、

取調べのあと階段を降りていって

その後どうなったのだろうか。

カティンで発掘された遺体から集められた

遺品。それは戦争犯罪の証拠として保管されていたのだが、

妻アンナに渡され、 ・・・救われ る。

夫がコマメニ残した手帳の日記で

続きを読む "カティンの森"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »