« 春の庭 | トップページ | カティンの森 »

赤と黒

Rouge_noir

ジェラール・フィリップの

スタンダールの

とカンムリ付で有名な あの「赤と黒」

ついに見ました。

映画冒頭、 裁判所のシーンで、

ジュリヤン・ソレルが 最後の弁明を許され

陳述する。

そして、12時の鐘とともに、休廷となる。

場面が過去のシーンになり

ジュリヤン・ソレルが市長のこどもたちの、

家庭教師として採用され、屋敷の二階の与えられた客間から

下男や市長が出て、

ドアを閉め ドアを背にほっと一息つくまで、

わたしも息をつめてみてしまった。

言い伝えられているように、美貌とlovely

韓流スタアのような甘さもあり

フランス語をしゃべるsign03

あたりまえなのだけど、フランス語が

あの顔にぴったり。

ストーリーはおおよそ知っているので、

彼の一挙手一投足を追った。

彼がびっくりしたことや考えているを

彼の声でしゃべらせている手法に 慣れるまで、

ちょっとなじめなかったが、すぐにクリア。

市長の妻の寝室にくらべて、

公爵夫人の寝室の調度が素晴らしいのは、

身分格式の違いかとわかるが、

公爵の屋敷の階段の壁がなんとも

ソッケナイ。絵の一枚も飾ってない。

漫画だったら、アシスタントの手抜き?

何度もでてくる階段シーンで、

彼の歩き方より、壁が記憶に残ってしまったshock

心臓麻痺で、36歳でこの世を去った。

Rouge_noir_p

映画のコピーは

赤は軍服、黒は僧衣ー自らの美貌と才知を武器に

貴族社会に挑んだジュリヤン・ソレル

愛さえも野心の道具とした彼が、最後に・・・

|

« 春の庭 | トップページ | カティンの森 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/47798056

この記事へのトラックバック一覧です: 赤と黒:

« 春の庭 | トップページ | カティンの森 »