« 壊れた神々 | トップページ | ホトトギス »

空気人形

監督: 是枝裕和

子どもだった頃、ダッチワイフときいていた、

それだろうと、・・それだった impact

危ない世界!!(゚ロ゚屮)屮か?しかし、人形の持ち主は

一生懸命で、まわりに迷惑を

及ぼさない。でも 気持ち悪い人だ。

映画の主役、人形は、歩き方も、

スタイルもかわいい。

持ち主じゃない男とデートの帰りに、

街の灯りが映し出す自分の影が

透き通っているのに気がつくシーンが素敵。

人形が 空き瓶を 集めることも、

お互い?中が空っぽ同士と無意識に感じるのかも。

ラムネのビンは人形にとって、

別なものらしいね。

ビンの中ノ玉は、人形が持ってしまった

心なのかもしれない。

人形作者のもとへ戻って再び、

送り出されるシーンもいい。

Photo

韓国の女優。

可愛いなと思うと時々 表情が

野村昭子や吉行和子に変貌。

特に、ビデオショップ店頭で、怪我して、

空気が抜けだしたところを、

お腹の空気栓から息をもらったシーン。

女優が変わったかと思うほどだった。

ペ・ドゥナ これからの作品もチェックしなければ。

 

10月1日 割引の日。

170席の半分以上埋まっていた。男の人と、

女の人は半々くらい。

のんちゃんと、どっち???と迷ったが、

監督名が決めてとなる。

人形が、ほんとに人の心を持ったら、

混乱、破滅、爆発、・・・ 

「映画は、 映画」ファンタジー映画。

|

« 壊れた神々 | トップページ | ホトトギス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

オダギリジョーは
TV「サトラレ」を観たのが最初で、
このときも、変わった役happy01でした。

ペ・ドゥナ大きな瞳と細いスタイルと稚ない語り口で心をもった人形を演っていた。ラストはかわいそうだったけど。。人形から役者への変わりが、わからないほど、人形でした。


 

投稿: 鶴頂内膝眼 | 2009/10/10 12:29

悲しいけどどこかさわやかな作品でした。
これはペドウゥナちゃんだからできた作品ですよね
体型と言い歩き方といいほんとにお人形が人間になったようでした。
オダジョーも変わった役ばかりでなく
こういうまっとうな役を主役でみたいです;;

投稿: ペコ | 2009/10/09 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/46373238

この記事へのトラックバック一覧です: 空気人形:

« 壊れた神々 | トップページ | ホトトギス »