« 激情 Rabia | トップページ | ムーンライト »

青い館

第22回東京国際映画祭

アジアの風 作品 公式HP

シンガポール

監督 グレン・ゴーイ

『フォーエバー・フィーバー』の冠がつくが、

その作品をみていない。

「青い館」楽しく見た。

Q&A ひとりで登場。

TIFFは初めてで、東京を楽しんで過ごしていると、

うれしそうに語った。

シンガポール生まれロンドン在中の監督。

ロンドンで東洋系のステレオタイプを抜け出す劇団を

つくった。

この映画は、アジア的=家父長制度のもとで、

個人的なことが犠牲になっているお話。

オリジナルアイディアを ケン・コック(=脚本)が

書いた。

登場人物みんなが主人公だが、

そこに加えて、大富豪の邸として採用された

建物 =アジア 。それは1890年につくられた

マレーシア ペナンのブティックホテル。

シンガポールのエリートは家族内で英語。

シンガポールは同性愛は違法で

路上生活の子どもの自殺4

ホモの子どもの自殺6 と初耳。

映画はパイナップル王の実業家が

書斎で倒れているところから 続きを読むへ

 Goei

Q&A終了後 映画館を出、

サイン会と撮影会 

実業家は

と、起き上がり、飾ってある写真を見、

並べられている社史を整え、棚のホコリを指先で、

ツーッと。

妻リンを呼ぶが来なくてイライラしながら

仕事しながらおしゃべり中のメイドを注意。

大勢人が集まって何をしているかと見れば、

彼本人がその中央に置かれた棺の中に。

自分が死んだらしいとはじめて気づく。

遠方に住む長男家族が到着し、長女、次男と

兄弟ゲンカになるので、あきれる父。

そっと自分で、ネクタイをなおしている。

葬儀を道教仏教キリスト教どれで執り行なうかと

またひと悶着。「無宗派で」とゆかいな葬儀シーン。

大きな葬儀飾りが興味深い。

人や車などが並ぶ葬列付の祭壇?で、

結局は燃やされるもの。

自分ちはもっと大きい車だったという

ヒソヒソに反応して、大きな飾りに変更する夫人。

金持ちはケチだと思っていた葬儀屋に

いいお客だと、ぼられる。

短時間の政治家の弔問や 親戚の到着する様を

興味深そうに眺める。

2日目の朝、殺人のタレコミ電話をうけ、

刑事たちが到着。棺ごと鑑識に持っていかれて、

屋敷内は捜索され、死体を発見した次男をはじめ、

全員が事情聴取される。夫人は心労でベッド。

「なぜ自分が殺されたのか」知りたい実業家は

メタボ刑事に

尋問される子どもたちを観察していた。すると、

長男の最初の妻が

ウェディングドレス姿の幽霊であらわれ

実業家幽霊は ぎょっと する。何か

生前あったような強い反応をする。

幽霊同士は会話し、先輩幽霊が「これから

いろいろわかるのよ」と、元舅をちょっとからかう。

捜索中の刑事が、長男の部屋から

マッチョ画=犯罪をみつけた。また長女の部屋から

水のボトルにつめられた大量のジントニックをみつけた。

長女はインド人の恋人を両親に追いやられたウラミ

を酒にたくしてアル中。

故人をしのび遺族を励ます場に、長男の男ともだち、

長女の件の恋人、次男の中国人の恋人まで訪問する。

次男と恋人の屋上のシーンは伊丹監督の「お葬式」を

おもいだした。

叔父は「殺人事件で」と刑事の訪問を受けたと、

次男に告げ、いよいよ自分が事業の後継をという

気分でいる。

検分中で、中が空っぽの棺をのぞかれないように、

棺を見張っているのは、長男の最初の妻の産んだ娘。

とはいえ、読書に夢中。

この少女がCDをダンス曲にきりかえた、

そのきっかけが 思い出せない。

少女は 霊感が鋭いようで、実業家の幽霊にも

母親の幽霊にも 何かヘンナ感じている。

隠していたはずが 殺人か?と大々的に報道され、

そのゴタゴタに、兄弟が母のベッドの足もとで

殴り合いのけんか。母は心臓発作で病院へ。

長女に「わたしの分の株をあなたに」と

苦しそうな表情でつたえる。

母のまわりに子どもたちが集まっていた。

メタボが メイドを事情聴取との報に、

長男を残して 邸へ引き返す。

叔父が一族はわたしが引き継ごうと母に宣言。

ずーっと手を握って付き添っている長男。

その手を離し、母の死。

邸では メタボの勝利かと思われたとき、

遺体からは何もでなかったと、署から連絡がはいる。

おでこのは傷ではなくて痣だとかなんとか。

ウェディングドレス幽霊の身体が血のりで、

赤く染まってゆき、舅幽霊は 自分が悪人だったと

思い出す。

母(幽霊の妻)が埋葬される墓地で、

自分は悪人だから成仏できなかった。妻は

成仏しているだろうと、じっと墓を見つめる。

わたしのお墓をどうしてジット見つめているの?

妻が

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2009.10.22 14:45 鑑賞

休みの鑑賞だから、選択範囲はしぼられていたが、

選んだ3作品とも よかった。

22tiff_1

|

« 激情 Rabia | トップページ | ムーンライト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/46615237

この記事へのトラックバック一覧です: 青い館:

« 激情 Rabia | トップページ | ムーンライト »