« 20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 | トップページ | イブクロ /ある美食物語 »

命を燃やして

第6回スペイン・ラテンアメリカ映画祭→ 公式

Arráncame La Vida → 公式

命を燃やして
監督:ロベルト・スネイデル

上映後のQ&A まで楽しんできました。

arráncame la vida

邦題を決める時 もめた。とか。

arrancarの肯定命令??のかたち。

この監督さんは バルトで迷い子になり、

Q&Aに遅刻。でも、熱心に受け答え。

生のスペイン語を aprender.

30分近く立ったままで、お疲れさん。

カタリーナが夫の埋葬シーンでのモノローグ。

悲しくなかった。でも、殺された恋人カルロスの

ことを考えたら、子供の様にワーワー泣けた。

というラストが印象深い。

隠れての逢瀬を重ねたある日。

恋人カルロスとベッドで、

カルロス「ウィーンで指揮をするのが、夢」

カトリーナ「そのときは、わたしじゃなく、

別の女性がいっしょね」

カルロスが否定するかと思ったが、彼はサラリと

今あなたを愛して今一緒にすごしている ことが

大事なのだ と 返す。そのときの彼女の

力が抜けた表情

カルロスが指揮し喝采を得た日

夫や多くの来客、敵も味方も大勢の自宅での

パーティで

カルロスのピアノで 歌姫と彼女と3人で歌った

歌 note después que ~ も素敵で

「cenizas」という曲名?

このシーンで、夫がカタリーナに

「プロの歌が台無しになるから歌うな」と

たしなめられても、「歌いたいから歌うわよ」

と 強くなっている。

カタリーナの夫は

愛人が何人もいて、子供も何人もいて、

女は男の所有物であると、育ってきた男。

そして本妻カタリーナを心底愛している。

権力を得るために殺人まで犯している。

そのあたりが、わかりずらかった。

16歳~30歳頃までのカタリーナの人生。

自分の若い頃の過ちに気づき、

夫の愛人の子供(7つしか年が違わない)に

好きな人と結婚させたいと、政略結婚に

反対する。

革命の混乱。独裁的な夫。

メキシコの史実に基づく小説が原作。

音楽がいっぱい使われていて本では

できないことです。

Poster_arrancame_la_vida アナ・クラウディア・タランコン

左 ダニエル・ヒメネス・カチョ  夫

右 ホセ・マリア・デ・タビラ  恋人 

estómago happy01heart04happy01heart04happy01

|

« 20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 | トップページ | イブクロ /ある美食物語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/46259592

この記事へのトラックバック一覧です: 命を燃やして:

« 20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 | トップページ | イブクロ /ある美食物語 »