« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

壊れた神々

LOS DIOSES ROTOS → 

監督:エルネスト・ダラナス

出演:シルビア・アギラ、カルロス・エベル・フォンセカ

    アニア・ブ・マウレ

知られざるキューバの素顔 ・・eye sign02sign02sign02

というので 難しそうかと 思っていたら、

今年の6本中 1番の恋愛映画でした。

見ていてテレチャウくらい 。

Poster_los_dioses_rotos_s

ピストルが ポスターになっていたことも、

納得がいった。

pasión  わたしとレベルと種類が違う。

そこが映画の楽しさ。

続きを読む "壊れた神々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンティアゴの光

LA BUENA VIDA / THE GOOD LIFE → 公式

サンティアゴの光
監督:アンドレス・ウッド

出演:ロベルト・ファリアス、アリネ・クッペンヘイム、アルフレッド・カストロ(『トニー・マネロ』)

ドラマ / チリ・アルゼンチン・スペイン・フランス / 90分 / 2008年

「マチュカ」の 監督作品

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

雑然とモノが置かれた出窓から見える街の景色。

1階じゃない部屋。泣き続ける 赤ん坊。

若い母親。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

街娼たちに避妊指導している女医=テレサ

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

交響楽団で審査を受けるクラリネット奏者

=マリオ 補欠合格。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

銀行へ借金を申込に来た床屋(エステ)の エドムンド

融資担当の エスペランサ

エステへ遊びに行すぐ仲良しになる。downwardright

Pict_la_buena_vida_2

マリオ ↑ 自信家 

主な登場人物が 街中で バスの中で、

絡み合っている 群像劇と 書いてある。   

続きを読む "サンティアゴの光"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Los Años Desnudos/Clasficada S

第6回スペイン・ラテンアメリカ映画祭→ 公式

Los años desnudos公式

ヌード狂時代 ・・・邦題は イマイチ
Los años desnudos
監督:ドゥニア・アヤソ、フェリックス・サブロソ

出演:カンデラ・ペーニャ、ゴヤ・トレド、マル・フローレス

1975年 

フランコ独裁政権崩壊後のスペイン。

それぞれ事情をかかえ、ソフトポルノの

映画界で生きてゆく、3人の女性。

演技、セリフもきちんとするー女優をめざす

サンドラ。

薬物中毒の女優リナ。

アトがないからポルノだって、現状打破ヨと

エバ。

ストーリーが進むところどころに 

製作中のポルノ映画の題名と、

撮影現場が映し出され、楽しい。・・たとえば 

「バチ当たり修道院の最期」を思い浮かべてしまう、

(とイッテモ作品は見てない。題名だけ。)

修道院モノの撮影。

真に迫った演技のサンドラに対し、

他の二人は 数字をペラペラならべ文字数あわせ。

スペイン映画は吹き替えでつくるから。

映画界の豪腕プロデューサーを巡る、

ゴタゴタがきっかけで、3人がパラパラに別れるが

仲良く最期を迎える。

Pict_los_anos_desnudos_1

続きを読む "Los Años Desnudos/Clasficada S"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

檻の中

第6回 ラテンビート映画祭 →公式

Leonera→公式

監督:パブロ・トラペロ

出演:マルティナ・グスマン、ロドリゴ・サントロ、

    ラウラ・ガルシア

アルゼンチン・韓国・ブラジル / 113分 / 2008年
Afiche_p

かわいい歌と お絵かきで クレジット。

ほんわか気分でいると、

血みどろの 寝台で 血に塗れた女性でドラマが

始まり !!(゚ロ゚屮)屮

Pict_leonera_2

記憶がないまま、殺人容疑で裁判を待つ。

その間に 出産。

ここの規則で4年間は一緒に暮らせる。

その先は親族が引き取るとかして、別々に。

所内の幼稚園へ通ったり、子供は大切に

扱われている。ママが送り迎えする。

面会室へいったりの移動通路では、

開錠と施錠が 5回も6回も繰り返され、

後ろ手に手錠され、まさに牢屋の囚人。

でも

クリスマス会などでは、看守がサンタクロスに

扮して、プレゼントを配ったりして、開放的。

南半球のクリスマス。サンタは長袖のオナジミノ

姿。みんなはTシャツだった。wink

続きを読む "檻の中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イブクロ /ある美食物語

第6回 ラテンビート映画祭 →公式

Estomago →公式

est^omago 胃袋 

監督:マルコス・ジョルジ

出演:ジョアウ・ミゲル、ファビウラ・ナシメント、

    バブ・サンタナ

[ブラジル・イタリア]

期待通りにおもしろかったhappy01happy01happy01_p

主人公ノナト が 小さな食堂の下働きを

しながら料理のやり方を覚え、

その天賦の才能を発揮し、ランク上の店の

料理人見習いになる。

料理人としてがんばっていた日々と

並行して

8人部屋の刑務所暮らしの日々も描かれる。

同房の中でも料理の才能で、

徐々に上級の地位にあがって行く。

ノナトの名前の由来が語られ、

出生のとき 母胎を切って 取り出された。

そういう子は *&#C?*^,./・ノナトなのだそうだ。

*&#C?*^,./ は覚え切れない名前。

どうして刑務所に

続きを読む "イブクロ /ある美食物語"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命を燃やして

第6回スペイン・ラテンアメリカ映画祭→ 公式

Arráncame La Vida → 公式

命を燃やして
監督:ロベルト・スネイデル

上映後のQ&A まで楽しんできました。

arráncame la vida

邦題を決める時 もめた。とか。

arrancarの肯定命令??のかたち。

この監督さんは バルトで迷い子になり、

Q&Aに遅刻。でも、熱心に受け答え。

生のスペイン語を aprender.

30分近く立ったままで、お疲れさん。

カタリーナが夫の埋葬シーンでのモノローグ。

悲しくなかった。でも、殺された恋人カルロスの

ことを考えたら、子供の様にワーワー泣けた。

というラストが印象深い。

隠れての逢瀬を重ねたある日。

恋人カルロスとベッドで、

カルロス「ウィーンで指揮をするのが、夢」

カトリーナ「そのときは、わたしじゃなく、

別の女性がいっしょね」

カルロスが否定するかと思ったが、彼はサラリと

今あなたを愛して今一緒にすごしている ことが

大事なのだ と 返す。そのときの彼女の

力が抜けた表情

カルロスが指揮し喝采を得た日

夫や多くの来客、敵も味方も大勢の自宅での

パーティで

カルロスのピアノで 歌姫と彼女と3人で歌った

歌 note después que ~ も素敵で

「cenizas」という曲名?

このシーンで、夫がカタリーナに

「プロの歌が台無しになるから歌うな」と

たしなめられても、「歌いたいから歌うわよ」

と 強くなっている。

カタリーナの夫は

愛人が何人もいて、子供も何人もいて、

女は男の所有物であると、育ってきた男。

そして本妻カタリーナを心底愛している。

権力を得るために殺人まで犯している。

そのあたりが、わかりずらかった。

16歳~30歳頃までのカタリーナの人生。

自分の若い頃の過ちに気づき、

夫の愛人の子供(7つしか年が違わない)に

好きな人と結婚させたいと、政略結婚に

反対する。

革命の混乱。独裁的な夫。

メキシコの史実に基づく小説が原作。

音楽がいっぱい使われていて本では

できないことです。

Poster_arrancame_la_vida アナ・クラウディア・タランコン

左 ダニエル・ヒメネス・カチョ  夫

右 ホセ・マリア・デ・タビラ  恋人 

続きを読む "命を燃やして"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗

本格科学冒険映画

1が1番おもしろかった。豪華な俳優たちが

たくさんでてびっくり。TVで見たのだけど。

ドキドキしながらみた。

SFのお約束事で、

過去へ行った時自分を見ちゃいけない(^-^;とか

話しかけちゃいけないとか

あったような ヾ(.;.;゚Д゚)ノ happy01 違った?

映画館にはちびっ子もいたけど、

おもしろかった?

だらけて時間が過ぎる。

出演者がそれぞれ

「ああだった」、「こうだった」と語る。

エレベーターの中などで。

ワクチンの開発場面の副作用が、顔には

でないで不自然。本筋と関係ないけど。

続きを読む "20世紀少年<最終章> ぼくらの旗"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »