« ノーボーイズノークライ | トップページ | コーラスライン »

それでも恋するバルセロナ

Barcelona

夏休みの初めに見た映画。

thinkBarcelonaの観光ガイド映画を観ました。

監督 ウッディ・アレン

ハビエル・バルデム=フアン

ペネロペ・クルス=マリア

スカーレット・ヨハンソン=クリスティナ

レベッカ・ホール=ヴィッキ

ウッディ・アレンは

バルセロナの人がみたら、「これはバルセロナでない」

というような、映画が撮りたかったとか。

夏休みに バルセロナへ。遊びにきた女性二人。

ひとりは、恋の冒険を楽しみに。クリスティナ

ひとりは、結婚前の不安定な気持ちを抱えて。ヴィッキ

そこに登場  セクシーな絵描き=フアン

3人の関係なら

「突然炎のごとく」「ガラスの部屋」「恋のエチュード」と

映画が思い浮かぶが、

この作品は3人ではなくて、絵描きとその妻=スペイン人

の激しい関係に巻き込まれる

アメリカ人。のお話。

二人のアメリカ人は 帰るときに 疲れきっている。

おなかをこわしたクリスティナを残し、

スパニッシュギターを フアンと聞いて

落ちたヴィッキ←印象深い。

迷って迷っていたけど、婚約者の勢いにおされ

結婚式をあげる。

フアンと意気投合し、フアンの元へ戻った、

元妻マリアともども3人で過ごすクリスティナ。

3人の会話では英語を話すように、それが

エチケットだとマリアはフアンに注意されるが、

激情シーンはスペイン語になってしまう。

クリスティナは写真を撮ったりまさに休暇。

Woodyalen_jr1910071

マリアの暗室で作品をふたりでチェックしたり、

エロティックな部分も。

ヨハンソンupwardleft

ウッディ・アレンとはおなじみsign02

役作りの アドバイス?かな。

ウッディ・アレンは「ボルベール」をみて

ペネロペで是非1本撮りたいと思ったそうだ。

上手く撮れたのかもしれない。。なにしろ

アカデミー賞。でも 

わたしはこの作品は(゚ー゚;

音楽がお気に入り。この音楽を採用した

ウッディ・アレンは お見事happy01

最近の作品では、「マッチ・ポイント」のほうが、

これよりよかった。

夏休み中に バルセロナ観光をしてから、

記事を書くつもりでしたが・・・ね。

ふたりといっしょにガウディの建物にいる女優

パトリシア・クラークソン

「エレジー」にでていた。

ヴィッキの親戚でふたりに 滞在する部屋を提供。

3月頃から予告編を いっぱい いっぱい

見せられて、その都度、

いい男といって、赤シャツのハビエル・バルデムが

バオーン と 。

違うのです。わたしのイメージするいい男と。

それが ずーっと 尾を引いて 。

|

« ノーボーイズノークライ | トップページ | コーラスライン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/46071285

この記事へのトラックバック一覧です: それでも恋するバルセロナ:

« ノーボーイズノークライ | トップページ | コーラスライン »