« キャラメル | トップページ | ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 »

チェチェンへ アレクサンドラの旅

監督・脚本 アレクサンドル・ソクーロフ

スカートの女性が バスから降りる。その脚から全身が

映ると大柄な老婦人が小さなカバンを持っている。

路上の少年ふたりは彼女が気になるようだ。

駅への案内をそこに現れた兵隊にさせる。

その兵隊たちは乗車書類を携えている彼女を

列車に乗せると立ち去る。

人物が兵隊たちで、任務中だからか、

何も語らない。目と目で語り合う。

そんな中で、老女の気の強い発語が元気。

「そっとして」「ゆっくり歩いて」「年寄りなんだから」

他の客とは別の兵隊たちの車両で出発。

列車の速度にあわせて流れる町並みを

老女=アレクサンドラが見ていると・・

さっき案内してくれた兵隊の姿もみえる。

しかし

道端のフェンスの中から呼び止められ、振り返るなり

中へひきずりこまれる。


チェチェン共和国のロシア軍駐屯地へ

職業軍人の孫に会い来た。とわかるのは、

目覚めたアレクサンドラアが隣のベッドで

眠りから覚めた若者と逢瀬を喜び合ったときだ。

それまでは、列車から他の輸送手段に移り、

テントを張り巡らされた足元の悪い場所を

歩き、やっとたどり着いたホテル think

ハラハラドキドキして見始めた時から、

私の気分は 一転、ガラッと変わる。

アレクサンドラおばあさんは、孫に会いたくて、

孫も祖母のために、面会許可をとってくれ、

何年かぶりに会います。

駐屯地を案内。装甲車の中も入って案内説明。

部下に持ってこさせた自動小銃の

構えかたもおしえる。

「肩で押さえて・・・云々」「斜めに・・」

アレクサンドラは 様になっていました。

装甲車の中は10人かそれ以上入ることもある。

火器は使ったら必ず磨くというきまり。

夜眠れなくて、

Alexandra3 駐屯地を

歩き回るおばあさん。

おばあさんが勝手に歩き回る後から心配して

部隊長が後からついて行くところは、

クスッ

27歳の孫に結婚をどうしてしないの?

と尋ね、80歳の祖母に、

「相手に辛い思いをさせたくないから」

「おじいちゃんは、おばあちゃんをコキツカイ、

おばあちゃんは、おかあさんをコキツカイ、

そういう辛い思いをさせたくない。」と。

でも、職業軍人の彼は誰かを殺すこともあるし、

その逆もある。それが「辛い思い」だと思う。

駐屯地から市場へひとりで買い物に出かける。

兵隊たちにタバコやお菓子を頼まれて、

ちょっとうれしいアレクサンドラ。

市場には靴、洋服、お菓子いろいろあるが、

アレクサンドラ以外の女性と、

ロシア兵でない若者たちの登場で

わたしもホットする。

タバコの価格を尋ねても、答えない若者。

ロシアにより、何かを失ったのだろう。

お財布忘れたことに気づき、暑さにも参り、

具合が悪くなり、店をだしている女性=マリカに

休ませてもらう。

「近くにアパートがあるのよ」と案内された、

半壊の建物の1室。隣の部屋の友だちも

その子供も皆善良だ。

その子に近道を通って駐屯地まで送ってもらった。

孫(少尉)からおばあさん担当を命じられていた

兵隊は、無事の帰還を喜びながらも、

「叱られた」と報告するが、食事を勧める。

食欲は無いが彼の立場をおもい、

Alexandra  テーブルにつく。

小さな花も飾られて。

自室で孫とアレコレ話。洗濯はどうしているの

--下着と靴下は各自.軍服は洗濯機でいっしょ。

孫の結婚を心配しているが、彼女の孤独が

感じられる。昼間市場で会った人々がそんな

気分にしたと思う。

就寝前の祖母の髪をとかして、おさげを

編んであげる。昔そうしたように。名シーンhappy01

「おばあちゃん、おばあちゃん」「起きてよ」

Alexandra2 5日間

ここを離れるからおばあちゃんは帰ってネ。

別れるときベレーを手渡し、彼はたぶん

もう祖母と会えない

市場へ未払いのお金を持ってゆくが、

マリかは受け取らない。知り合ったばかりの

女性たちは 住所のやり取りもし、再会もありそう。

Alexandra4_p

右マリカ、隣アレクサンドラ、

「キャラメル」や「マルタの刺繍」をおもいだす。

チェチェンから の 帰りの駅頭のシーン。

列車を見送らず、逆方向を向いているマリカ。

アレクサンドラの目がとらえた景色が流れる。

<HR>

ロシア人もチェチェン人も区別がつかない私は、

今も最初のドキドキシーンがよくわからない。

字幕も 少なくて、  ・・でも圧倒された。

不幸な状況が続いている地域に生きている、

普通の人たち。

|

« キャラメル | トップページ | ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/45710021

この記事へのトラックバック一覧です: チェチェンへ アレクサンドラの旅:

« キャラメル | トップページ | ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 »