« レスラー | トップページ | チェチェンへ アレクサンドラの旅 »

キャラメル

Caramel1_p

ナディーン・ラバキー ↑ 主演、監督、脚本

レバノン映画

ベイルートのエステサロンに集う人と、働く人。

女たちそれぞれは悩みや不安を抱えていても、

みんなといっしょに日々明るく楽しくすごしてゆく。

女性たちがきれいで、心地よい時間を過ごせた。

久々、痛い場面が無い映画を見られた。

(登場人物の心の中は痛いものがあるけど)

Caramel2_p

  交通課のおまわりさん。        

トップの画像の電話している彼女に、

通りのこちらのカフェで彼女への片思いの

モノローグ。  純情でまじめな語り。

エステへ整髪にゆき、ヒゲなしになるまでは

顔も素敵。

思い出した sign03痛いシーン、あった sign03

キャラメルで脱毛する。

砂糖を煮詰めてほどほど冷ましたベタベタ。

ムダ毛に貼り付けて一気にハガス。

○王の小鼻用パックの超強烈なイメージ。

おまわりさんも鼻の上やられて痛がっていた。

レバノンの位置を確認。

北から東にかけてシリアと、

南はイスラエルと隣接し、

西は地中海に面する。

Caramel3_p

主人公(=ラヤール)以外はみんな素人。

左 ラヤールの友だち。エステサロンで働いている。

イスラム教徒の恋人ともうすぐ結婚。手術で幸せにhappy01

彼の家族との食事のシーンで片付ける食器を

取り合う??はしゃいで?

身分証の不提示の彼と一族そろって出頭??

深刻な場面でも、ほのぼのとした良さがある。

左から二人目 ラヤール

既婚の彼がいるけど、彼にふりまわされている。

家族に心配かけていることに心を痛めている。

彼の誕生日を祝おうとホテルを予約しようとする。

身分証なしで予約できたアイマイヤドを

磨きあげ、待つが彼は来ない。落ち込む彼女に

友たちが彼の妻をエステに招待し、・・・・

ラヤールの隣

オーディションマニアでサロンの常連。

加齢を気にしていつまでも若くありたい(*´σー`)

オーディションの場面は笑える。

右 エステサロンのシャンプー担当。

若い彼女は、長い黒髪の女性客に heart

発電機の担当。シャンプー担当にしては

きれいな手です。

ニットのキャップのおばあさんリリーは

ちょっと認知症。リリーの妹のローズは

服の仕立て直しの仕事をし、姉の心配も。

装ういにかまわずいましたが、心ときめく人ができ、

ラヤールのサロンで髪をきれいに染め、

デートに・・・・・

ラヤールたちもローズが恋愛しているとは

思いません。

ローズは妹が気がかりだと、自分には

言い聞かせたかもしれないけど、

彼女の若かった時代は 恋愛が今みたいに

開放的でなかったのかもしれない。

カラーリングしてもらいながら、

結婚間近の女の子に

語りかける表情が 生き生きしていて、

楽しみだったのに。

全編を通して 音楽が 「南西アジア」

英語表記とレバノン語表記のクレジット。

脱毛前に温度を確認するために、

キャラメルを食べる。おいしそうlovely

|

« レスラー | トップページ | チェチェンへ アレクサンドラの旅 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/45439541

この記事へのトラックバック一覧です: キャラメル:

« レスラー | トップページ | チェチェンへ アレクサンドラの旅 »