« チェイサー | トップページ | 勝ちT2009と大相撲 »

イースタン・プロミス

監督:デヴィッド・クローネンバーグ

主演:ヴィゴ・モーテンセン

英・加2007年作品

この監督だから・・

気持ちいいもののはずは無いだろ・・

最初からエッsign02まさか!!(゚ロ゚屮)屮だったけど

見た。おもしろかった。

Easternpromises1_p

左 ロシアン・マフィアのボスの息子=ヴァンサンカッセル

右 ニコライ=ヴィゴ・モーテンセン

ふたりとも全身にタトゥーがはいっている。

タトゥーが 個人を特定する目印になり、

それが物語の展開にうまく使われている。

サプライズではない。すごかったのは、

サウナでの格闘。全裸のヴィゴvs

鎌の歯の部分の武器を携えた二人組。

ちゃんと見られなかったけど、生生しい

血みどろの音と絶叫。ヴィゴが生き残る。

この映画見たかった。公開時や各種ベストテンに

ランクインしたときも、中身はよく調べず、

どうしても見たいなsign03不思議な映画(・_・)エッ....?

Easternpromises2_p

この写真が気に入っていた

ネタバレ

見終わった今は、手袋して死体の指切りを

する場面だとわかる。

イースタン・プロミスって東欧組織による

人身売買契約のこと(チラシより)

場所はロンドン。ロシアン・マフィアのボス

=アーミン・ミューラー=スタール)が一族のパーティの

準備をしている。その店へ、看護師アンナ(=ナオミ・ワッツ)が

訪ねてくる。出産後出血のため亡くなった少女の

身元を調べだしたいと、彼女の遺した日記帳に

はさまれていたカードを手がかりに。

日記帳に、ボスやその息子に都合の悪い事実が

ある。アンナと伯父夫婦はマフィアに目をつけられる。

悪ぶっているような、ヴィゴが彼らを救う。

ヴィゴはたんなる運転手じゃないようだ。

これから展開してゆき どうも

潜入捜査官らしいthinkでもマフィアになりきって

ボスの後釜にsign02

自身が流産で子を失くしているアンナが

遺児を育てる明るい場面で終わる・・と思わせて、

ヴィゴの姿と(彼の中にも印象深く残っている)日記、

映画の最初にもあったモノローグ。

「私の父は・・・・・・」でおわる。

5月20日追記

ロシアン・マフィアのおっかないお話のようで、

他の面からみると、親子の絆の話。

ボスがヴィゴを陥れるのは、息子を救いたい気持ち。

ボスにレイプされ出産し亡くなる少女の日記が、

底辺に生きた父親についての記述。

少女が産んだ娘の存在がボスの罪を立証し・・・・・・・

後援 : カナダ大使館

というのがよくわからない。

鑑賞日2009年5月17日

|

« チェイサー | トップページ | 勝ちT2009と大相撲 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/45054845

この記事へのトラックバック一覧です: イースタン・プロミス:

« チェイサー | トップページ | 勝ちT2009と大相撲 »