« スラムドッグ$ミリオネア | トップページ | チェイサー »

鴨川ホルモー

楽しい映画をみたいsign03

で この作品。おもしろかった。

ばかばかしい。でも遊べる。原作も

知らない。作者は有名らしい(万城目学)

チラシを見た時は、映画館で見ることになるとは

思いもしなかった。

というよりお馬鹿映画だわと、つぶやきもせず、

無視のチラシの山へポイ。

馬鹿馬鹿しいしCG(と思う)オニたちも

可愛いとはいえない不思議な生き物。

クライマックス「首都消失」

のような黒い雲のスペクタル風とオニ怪物。

見終わってから、

初期の目的=お気楽に=は達成したぞ。

だけだった。感動はしなかった。しかし、

オニ語講座のクリアケースを買ってしまい、

オニ毒にやられてしまったとのだと、翌日気がついた。

「レッドクリフ」に続き、戦いの布陣を映画で検証。

オニは戦わせている人たちにしか見えない。

オニ語+ポーズ=指令。左右に陣を広げたり、

回り込んだり、オニが指示通り動き戦いが行われる。

170余席に20人足らずの観客。笑い声も空間に

吸い込まれていった。

ケータイやパソコンがあるから、現代劇と理解。

京大の寮の古臭さは何なんだろう。

「男おいどん」の下宿の集合体みたいだった。

新入生獲得のサークルのコンパも、

こんなんは、東京と京都の違いか?

京都の風景も チラリ映し出されていて、

あそこも、ここも以前訪ねた時と同じままで、

良かった。とひと安心。京都へ行きたくなる映画coldsweats01

1_p

栗山千明が

「安倍sign01」と 話しかけるリズムや

声質、表情が

「浪花の華 」 緒方洪庵事件帳  (NHK土曜時代劇)

の演技のとそっくりだった。(「あきらsign01」と緒方章に)

栗山千明を映画でみるのは初めて。キルビルで

デビューした女優らしいNE。

|

« スラムドッグ$ミリオネア | トップページ | チェイサー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

粒太さん
京都に住んでいる人の感想を待っていました。
いつになるかわかりませんが、ご案内お願いします。

投稿: 鶴頂内膝眼 | 2009/05/08 10:02

観てきました~が、ん~むgawkついていけない~でした。
撮影場所はほとんどわかったのでホルモーロケ地ツアー希望者(いないと思うが;;)はご案内しますよ

「リバーバンク」(喫茶店)まだあるんだ~と、そこは懐かしかったです

投稿: 粒太 | 2009/05/08 00:20

コメントありがとうございます
栗山千明さんのファンでしょうかhappy01
他の作品もチャンスがあれば、みたいです。

投稿: 鶴頂内膝眼 | 2009/04/30 08:35

> 栗山千明を映画でみるのは初めて。キルビルで
> デビューした女優らしいNE。

キルビルで国際的に知られるようになっただけで、デビューはもっとずっと前ですよ^^

子供時代にモデルからデビュー。

投稿: | 2009/04/29 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/44821941

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨川ホルモー:

« スラムドッグ$ミリオネア | トップページ | チェイサー »