« 万年青 オモト | トップページ | 霜柱 »

007/慰めの報酬

監督: マーク・フォースター 

ジェームズ・ボンド: ダニエル・クレイグ

原作: イアン・フレミング 

カミーユ: オルガ・キュリレンコ

Nagusame1_007

フィールズ :ジェマ・アータートン upwardright

彼女は いわゆるボンド・ガールじゃない。

領事館の職員で、

組織の指示に従わないボンドをロンドンへ送り返す

役目。パーティに同伴され、結局は

石油漬けの真っ黒な死体になる。これは、

昔の作品の金色の死体を思い出させる。

ダニエル・クレイグは 前回よりずーっとかっこいい。

不死身さは、ジェイソン・ボーン以上。

飛行機、車、屋根走り、落下、火炎etc.

みんなこなす。

殺された最愛の人の復讐を遂げ、

Nagusame2_007

            殺されかけた M upwardright 

Mを殺そうとした 奴を追いつめる。

濡れ場はゼロ。

資源の独占を狙っている悪人は小物。

各国の悪人もイマイチ。だからボンドが

ボンドだけが目立って強くてかっこいい。

オープニングタイトルで主題歌が流れ、

ジェームズ・ボンドのテーマと

立止まって銃を発射する絵はエンドロールの

頭でちらり。


イアン・フレミング生誕100年。(1908-64)

裕福な家庭に生まれ、イートン校から士官学校へ。

ロイター通信記者時代にモスクワ取材。

第2次大戦中、英海軍情報部将校に。

訪れたカリブ海ジャマイカ島に魅せられ、

戦後活動拠点にし、007シリーズを書き上げていった。

007の「00」とは女王の両目を表す。つまり

「女王陛下お一人がお読みください」の意味が

込められている。

映画「ユア・アイズ・オンリー」の題名は

「極秘」を指定する文言。

竹田いさみ・フレミング生誕100年・

読売新聞・09/01/09

|

« 万年青 オモト | トップページ | 霜柱 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/43923052

この記事へのトラックバック一覧です: 007/慰めの報酬:

« 万年青 オモト | トップページ | 霜柱 »