« 永遠のこどもたち | トップページ | カレンダーが2009年になりますように »

チャーリーとチョコレート工場

1878年12月24日 両国の菓子屋が

貯古齢糖 (チョコレート)の新聞広告をだした。日。

監督 ティム・バートン

主演 ジョニー・ディップ

原作 ロアルド・ダール「チョコレート工場の秘密」

Charlie

チケットを当てた チャーリー=フレディ・ハイモア

世界で1番大きなチョコレート工場だが、

どう稼動しているのか

・・人の出入りはない。秘密の工場。

その社長さん

 ウォンカ=ジョニー・ディップ が 夕刊で、

5枚のゴールドチケットのはいったチョコを

宣伝した。工場見学と生涯のチョコレート。

チョコは1年に1枚だけ、毎日食事は

キャベツスープのみ、という貧しい貧しいチャーリーが

他のわがままな4人のこどもたちと、工場見学する。

悪い子は お仕置きが まっている。

良い子のチャーリーは ハッピーエンド。

ジョニー・ディップとフレディ・ハイモアは

ネバーランド(監督マーク・フォスター)で共演。

ジョニーの推薦でチョコレート工場での競演。

|

« 永遠のこどもたち | トップページ | カレンダーが2009年になりますように »

映画・・こんな日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/43515686

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとチョコレート工場:

« 永遠のこどもたち | トップページ | カレンダーが2009年になりますように »