« ロリマドンナ戦争 | トップページ | 鹿島アントラーズ前半35分野沢が »

アンタッチャブル

1933年12月5日 禁酒法が廃止

禁酒法時代の映画は、

セルジオ・レオーネ監督’84

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」

フランシス・フォード・コッポラ監督’84年

「コットンクラブ」など。

1920年1月17日施行されてから

酒の醸造・販売・運搬・輸出入が禁止。

でも飲酒は認められていた。

酒を密造、販売=アル・カポネ

エリオット・ネス

ブライアン・デ・パルマ監督 1987年

87_2

アンディ・ガルシア (31才頃)

ショーン・コネリー(57才頃)

ケヴィン・コスナー(32才頃)

チャールズ・マーティン・スミス(34才頃)

ケヴィン・コスナーが 新聞記者を集めて

密輸酒をとりだしポーズをとったら(・_・)エッ....?

傘だった。

ショーン・コネリーがかっこよく仕事して、

すぐそのあと、乱射され死んでしまう。

あとは、階段を乳母車がすべってゆくシーン。

ブライアン・デ・パルマは

当時「殺しのドレス」の人。ヒッチコックと結びつく

作品を撮っておもしろい人。

その後は、「ミッション・インポッシブル」’96

「ミッション・トゥマーズ」2000年

大作を撮るようになった。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」

も 大画面でみられるなら、もう一度みたい。

公開時は 地方都市で、前編と後編になっていた。

(レストランを借り切り ダンスをしているシーンで)

それも懐かしい思い出。

ジェニファー・コネリーがバレエをしているのを、

覗き見していたのは、誰だった?

Ones

|

« ロリマドンナ戦争 | トップページ | 鹿島アントラーズ前半35分野沢が »

映画・・こんな日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/43326614

この記事へのトラックバック一覧です: アンタッチャブル:

« ロリマドンナ戦争 | トップページ | 鹿島アントラーズ前半35分野沢が »