« 花言葉 | トップページ | ブーリン家の姉妹 »

雲南の花嫁

2

「愛」と「しきたり」の狭間をゆれ動く

花嫁の切ない思い crying

weep の映画のつもりで見たら、

若々しい楽しい映画。  でしたl

龍舞大会の優勝をめざし、村をあげて

娘たちを応援し、勝利をおさめるまで・・

なら矢口監督の「スウィングガールズ」?

龍舞指導者は新婚の夫アーロン。

妻フォンメイは幼なじみ。

雲南省、イ族のしきたりで、結婚しても

3年間は別々に暮らし、その間は結ばれては

ならない。

お酒も強いし、負けん気も強いフォンメイが

娘12人の龍舞隊に参加し・・

新郎新婦の家族と隊のメンバーの

エピソードが2,3。

彼らの恋する気持ちは唄で表現され、

頼りなげな、アーロンも歌になると

良い声で、素敵に見えてくる。

雲南省、イ族の 習慣や装束が楽しめる。

ふたりがケンカして、スワsign01離婚となると、

夫が結婚の帯を妻に放り投げ、

それをふたたび手にして結ばれるheart

茶摘のような農作業時も写真のようなビーズ、

刺繍が入った装束で働いている。

生粉からビーフンを手動のきかいで

湯の中にしぼりだし、汁ビーフンのできあがりdelicious

雲南省、ベトナムに近い中国。

龍舞隊の中にアローンに思いを寄せる娘。

彼女はアローンに手製の刺繍の脚絆を

贈って フォンメイとの結婚を祝福する。

隊のメンバーのひとりが稼ぎ手として

帰家(婚家にはいる)しなければならなくなる。

員数が足りなくなってはたいへん。

ビール会社の広告に龍舞を踊りお金を

手にしようとする。

騒動で伝統の龍がちぎれてしまう。

ビール会社の社長はアローンの

友だちだがアローンは広告の仕事を断っていた。

勝手にやったフォンメイが悪いと思うが、

謝ったのはアーロンだった。sign02

雲南三部作 の最後だそうです。

チアン・チアルイ監督

2005年作品

ヒロインはチャン・チンチュー

ポスト「チャン・ツィイー」だそうです。

|

« 花言葉 | トップページ | ブーリン家の姉妹 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/43039858

この記事へのトラックバック一覧です: 雲南の花嫁:

» 『雲南の花嫁」 [粒太の背中]
           「 花腰新娘 」2005年中国映画 日本公開2008年7月カラフルな 公式サイト  お楽しみください中国雲南省には25も少数民族があってそれぞれ古くからの部族のきまりを守って暮らしているこのイ族のふたりは何歳くらいなのかちょっ...... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 08:23

« 花言葉 | トップページ | ブーリン家の姉妹 »