« 1978年、冬。 | トップページ | 花言葉 »

マルタのやさしい刺繍

スイス エメンタール地方の村に住む、

マルタ・ヨーストさん80歳の女性は

夫に先立たれて生きる気力を失っていたが、

娘時代の洋裁キャリアと刺繍の腕をたよりに、

ランジェリーショップを開くという夢を実現する。

happy01 happy01 この作品見てもらうしかない

happy01 happy01 この作品見てもらうしかない

Maruta1_2

マルタ 左から2番目

ベルンへ友人と布を買いに行くために、

バスを待っている。

続きはネタバレだらけ

監督:ベティナ・オベルリ72年生まれの女性

生きる意欲を持てず毎日をやり過ごすマルタが

夫の遺影を抱き、就寝する場面で、

ボタンが2列についた民族衣装が

とてもかわいくて、素敵でした。

スイスの村と首都ベルンの両方が新鮮でした。

原題

DIE HERBSTZEITLOSEN/LATE BLOOMERS

日曜日だったせいか満席。

有楽町で上映無し!!(゚ロ゚屮)屮 

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

右の友だちは:

息子が地域のリーダーとなり、父親を

病院へ送り迎えすることに時間を割けないから

施設へいれようとして

(自分も家から夫の世話のため出される)

いるのに、反抗して家出。マルタと暮らす。

若いときには夫に反対された運転にチャレンジ。

運転免許をとるため、教習を受け、

マルタの店の発送業務担当。

右から2番目:

パソコンを習い、マルタの作品をネットで受注する。

パソコン教室に誘ってくれた

ボーイフレンドとふたり部屋のホームへ

入所する。

左の友だち:リージ

ランジェリーショップにためらいがあったマルタを

励まし、協力し開店にこぎつける。

娘がいる。

マルタのむすこ=牧師(妻有り)と関係あり。

心臓発作で亡くなる。

埋葬、3人の友人が花をたむけその後、

娘が作ったアップルパイを食べながら

リージを偲ぶ。悲しんでいる間もない。

|

« 1978年、冬。 | トップページ | 花言葉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
粒太さんの画像でチロリアン衣装みてきました。
マルタがふわふわクッションに埋もれて寝んで
いたのがとてもうらやましかった(゚ー゚)
マルタは亡くなった夫のことばかり考えていた時期でしたけど。TBよろしくhappy01

投稿: 鶴頂内膝眼 | 2008/12/08 08:41

こんにちわ^^T.Bさせてください。
いい映画でしたね。お祭りの日着ていたチロリアン風衣裳もマルタさんの手縫いなんですよ。私の日記に画像置きました。

投稿: 粒太 | 2008/12/06 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/42922592

この記事へのトラックバック一覧です: マルタのやさしい刺繍:

» 「マルタのやさしい刺繍」 [粒太の背中]
まず、ブログに載せる画像探してたらおも!映画では見落としたマルタさんの指貫の使い方がわかりました                   この中指ね    人差し指にはめてみてたパボな私外人観光客向け売れ筋No.1なんだって 陶製500円        ...... [続きを読む]

受信: 2008/12/11 11:32

« 1978年、冬。 | トップページ | 花言葉 »