« 宮廷画家ゴヤは見た | トップページ | 1978年、冬。 »

踊るマハラジャ★NYへ行く

Guru

2002年 アメリカ・インド映画

録画して、日曜日に視聴。

日本語吹き替え。おもしろかった。

ジョン・トラボルタの「グリース」に憧れている

ラムー。(赤いターバンの男)

インドで、ダンス教師をしている。

ニューヨークで成功し、ベンツに乗り、

ペントハウスに暮らす友だちのように、

なりたいと、

引き止める家族と涙の別れをし、

ニューヨークへ行った。

友だちの成功話は、うそっぱち。

彼はウェイターで、ラムーもその仕事につくが、

接客に失敗、首になる。

映画のオーディションで合格したものの、

それはポルノ映画で、でも上手くできない。

監督やカメラマン、記録の人たちが

気になって集中できないのだ。

ところが、共演女優シャローナ(ポスター左)の

一口アドバイスが映画に役立ったばかりでなく、

副業というか、兼業の占い師のほうに流用したら、

大ヒット。そのあとは ・・楽しくて馬鹿らしくて

高校の予餞会の芝居のようなドタバタ←褒め。

シャローナの婚約者は実はアッチcoldsweats02だから、

シャローナの出演ビデオは見ていない。

というのが、落ちで、めでたしめでたし。

インド人のハリウッドスターはいないだろう?

とラグーの友が言っていた。

thinkそういえば、思い浮かばない。

パーティで、私たちも踊るマカレナ。

インドのダンス教室でとても色っぽく踊っていて

録画を消さずに学習しようhappy01

|

« 宮廷画家ゴヤは見た | トップページ | 1978年、冬。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/42851142

この記事へのトラックバック一覧です: 踊るマハラジャ★NYへ行く:

« 宮廷画家ゴヤは見た | トップページ | 1978年、冬。 »