« 王妃の紋章 | トップページ | 花言葉 »

ノーカントリー

見ようかな。なんか気がすすまないような。

(冷血な殺人者のどうしようもない話。

しかも dollar がらみ)←予告編でね。

No_country

見た。4月18日。

テキサス州のメキシコ国境近くの砂漠を見たくて。

と理由はなんでも。

「ファーゴ」の時、久々戻った東京で、

「えっ!あんな面白い作品みてないの?」と

皆にびっくりされ、あわてて観たこと。

も、動機のひとつ


!(^^)! おもしろい。(*^_^*)スリルとサスペンス。

(=^・・^=) だんだん (ー_ー)!!

見るまで考えていたアレコレノひとつ、

ハビエル・バルデムが助演賞なのは?

「フムフム なっとく・・。

主演はトミーリージョーンズなんだね。

「この国では敬語を使わなくなって、

おかしくなってきた・・云々」。

[ベトナムへ行ったか?]

[行ったよ。ナンジャラ部隊のコレコレ]

この会話の成立で、不信感が一掃され、

融和するような不思議な世代。

で、その人たちからみても、説明のつかない

殺人鬼が現れてしまった。(;_;)/~~~なのかな。

シガー(ハビエル・バルデム)は

人間そのものだった。

Mattdamon2

upwardleft

ジェイソン・ボーンは

車30台以上

ぶつかっても

無傷。

impact

シガーは自動車事故で、腕の骨が飛び出しちゃう。

ピストルの弾は体内にはいる。麻酔を打って痛そうに取り出す。

その彼が、殺人鬼(もっと凄い言葉がふさわしい)。


映画のテーマがこんなだから、血だまり、血のり

いっぱい。

「ブラッドシンプル」は当時新しかった、

階段状席のテアトル銀座で見た。

覚えているのは、暗い画面と

「血みどろの手を洗っていた。」こと。

どうしてこんな作品(←楽しくない)を上映するの?と

年齢を重ねた今みたら、どうかな?

ハビエル・バルデムは

「海を飛ぶ夢」の前に、「ライブフレッシュ」で

観ている・・はず。例によって記憶(+_+)

ライブフレッシュはビデオで鑑賞。

ポスターを見ると、最初にハビエル。

車いすバスケットの選手の人でした。

お母さんはビラル・バルデム。

<死んでしまったら私のことなんか誰も話さない>

で、闘牛士のお母さん役の女優。


映画の中で、犬は可愛そうに射殺や、

死体での登場だったが、猫は、

何匹も生きて登場。猫の膝ブログはうれしい。cat

 

|

« 王妃の紋章 | トップページ | 花言葉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/41032945

この記事へのトラックバック一覧です: ノーカントリー:

« 王妃の紋章 | トップページ | 花言葉 »