« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

君のためなら千回でも

Kiterunner1

アフガニスタン1970年代の子供です。

「荒野の7人」を何回もみて、お気に入りのセリフは

・・・← (思い出せない)同じ。

仲良しのふたりだが、裕福な家庭のアミールと

召使の子供である、ハッサン(左)。

アミール出産で、母は亡くなり、アミールは

父に愛されていないと思っている。

そんなアミールだが、「お話」を作ることが、お得意。

30年後、アミールは初出版の自分の小説を手に

続きを読む "君のためなら千回でも"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エリザベス: ゴールデン・エイジ

Englando

ケイト・ブランシェットがアカデミー賞ノミネート。

「エリザベス」の続編らしいので見た。

ラブストーリー、サスペンス、スペクタクル

全部はいってよかったね。

「クローサー」のクライヴ・オーウェンがでていた。

衣装の素晴らしさと

建物内部の薄暗さ

プロテスタント女王のイングランド。

カトリックにより全ヨーロッパ統合を狙っている

スペイン国王フェリペ2世。

暗殺、幽閉、処刑、拷問。

新大陸発見と、ヴァージニア州の話。

太陽の沈まぬ帝国」と呼ばれたスペイン

世界史で勉強したことをおさらい。世界史を高校で

選んでいてよかった?!

映画はトップシーン小さな少女

続きを読む "エリザベス: ゴールデン・エイジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリア・カラス最後の恋

Callas2

「アリストテレス・オナシス」の映画

を見ているみたいだ。そういえば、

原題は「カラスとオナシス」とでていた

カラスは 高校の音楽の教科書に写真がでていた。

オナシスとの恋愛も、日本の小娘でも知っていたほど

有名だった。

オペラのアリアも映画の中で何曲か流れる。

吹き替えなのでしょうし、翻訳がいいのか、

カラスの叫びのようなものが、歌われる。

特に 島で、黒いドレスにストールでのシーンがよかった。

**

カラスを愛している人がいっぱいいた。

パリ スカラ座の指揮者、スタッフや

事業でオナシスの片腕となっている人。

召使?というのでもないが、カラスの身の回りの世話を

する女性。

カラスを見出して、後に夫だった人。などなど

みんな、カラスに歌姫でありつづけて欲しかった。

なのだが

**

恋する気持ちは誰にもどうにもできない。heart02heart02

モンテカルロから豪華クルージング。

ギリシャで急きょ参加した、オナシスの知人のメイの

結婚式のパーティ。アメリカ生まれのカラスだったが、

ギリシャ人の情熱が一気にでた。

「恋している」「彼とだけ生きる」「歌わない」

それに応えるオナシスだが、・・

破滅はどうしても避けられないのがわかる。

続きを読む "マリア・カラス最後の恋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キネ旬ベスト10

ココログに絵文字がはいるようになった。

わたしのベスト one ドリームガールズhappy01 happy01 happy01

邦画ベスト one bus telephone hospital hotel door weep 

「 夜行バス 電話 病院 ホテル ドア  涙 反転して!

何? → 「 夕凪の街 桜の国  」 

読者選出でも選ばれていた「クィーン」を

見そびれて・・

映画館での鑑賞はもう無理かも despair

顔文字 英語がわからないと、選べない。pout

水曜日 予告編を3本みた中で、

Photo

リメイク作品 スルース。

続きを読む "キネ旬ベスト10"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラストコーション

Last

ヴェネチア国際映画祭グランプリ受賞作品

非情城市のトニー・レオン主演。サスペンスらしい

と、楽しみに映画を見たらのですが、ガッカリで哀しくなった。

新人タン・ウェイが演じたヒロインが大学の女友だちの誘いにのり、

抗日芝居に出演。女ともだちの抗日青年のこともちょっと気になり。

あれこれあって、工作員になっちゃう。

そこが不思議。抗日という看板に酔っているとも思えない。

時代の勢いに流されちゃったのかしら。

抗日弾圧側のトニー・レオンに接近して

暗殺のお膳立てのために

続きを読む "ラストコーション"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アース

Earth0 Earth1 Earth2 Earth3

今からおよそ50億年前、

巨大な隕石が地球に衝突し、

その衝撃により地球は23.5度も傾いてしまう。

北極クマの親子の可愛いフォトが見つからない。

2008年最初の映画は 地味だけど、

どうしても見たかった映画。

お正月映画には、

これぞというものが無かった。

第2弾に「マリア・カラス」、「ラストコーション」と

気になる作品がでてきた。

昨年のようにいい作品にいっぱいめぐりあいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »