« トラックバック送信 | トップページ | イングマール・ベルイマン »

夕凪の街 桜の国

Photo

「死んでもいいと思われた自分」

が生き続け、そう思われたその

13年後に死ぬ。

原爆を落とされた時、小学生だったミナミ。

建物疎開の準備で、

ピカの瞬間は倉庫内。

だから命が残った。

瓦礫の中のからみつかった妹ミドリは

ミナミにおぶわれたまま

おねえちゃん長生きしてね。

と言って亡くなった。

そんな子供時代のいきさつも

話せる恋人ができたのに。

恋人と弟アサヒを見ながら死んでいった。

という

昭和33年の描写と

平成19年アサヒの娘ナナミと

息子ナギオの3人家族の時代。

疎開していて被爆しなかったアサヒの

結婚や上京、母(ナナミからみると祖母)

の死など現在までが

広島へ思いがけず行ったナナミの

回想と想像で表現されている。

そうじゃないかな?と思った

ほとんどそのままなのです。

が・・・

久しぶりに感動しました。

ミナミの独白に

被爆直後の絵画の挿入で

とても迫力をもたせている。

絵の使い方といっしょに、

写真もいい小道具になって

筋書きにとけこんでいる。

昭和33年の広島の銭湯の

被爆の娘と母の入浴シーン。

平成19年ラブホで女の子同士で

泡のお風呂でプリプリのダイヤモンドを

熱唱して楽しそう。でも

ナナミのこの友だちも

被爆とまるで無関係ではすまされない。

でも、明るい終わり方で希望がもてる。

もうひとつ

監督佐々部清さんには悪いが、

原作が良いのだろうな。と思ったら、

脚本も佐々部さん混じっていましたね。

|

« トラックバック送信 | トップページ | イングマール・ベルイマン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/16121124

この記事へのトラックバック一覧です: 夕凪の街 桜の国:

« トラックバック送信 | トップページ | イングマール・ベルイマン »