« ボルベール(帰郷) | トップページ | 公園からの手紙 »

赤い薔薇ソースの伝説

Rosa3

メキシコ北部の農村

主人公ティタは胎内にいるときから

母親がタマネギをみじん切りにするたびに反応して泣き、

涙に導かれてこの世にでてくる。

年頃にペドロと相愛になるが、事情で

ペドロはティタの姉と結婚。しかもひとつ屋根の下に。

ティタが料理を作ったときの思いが、

それを食べる者にも伝染する。

ペドロにもらった赤い薔薇で薔薇ソースをつくる。

それを食べたペドロと・・・どうなる?

ティタの激しい運命の流れは?

パンフでみると、ペドロは

イタリア映画「ニューシネマパラダイス」の青年期の俳優。

ほとんど忘れているが、バラの写真を載せたかった。

|

« ボルベール(帰郷) | トップページ | 公園からの手紙 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208872/15523215

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い薔薇ソースの伝説:

« ボルベール(帰郷) | トップページ | 公園からの手紙 »