猫の膝2

猫の膝2

デザインを変えたくて引っ越しではなくてthink

別荘です。2013年10月から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレート・ビューティ 追憶のローマ

2014年8月28日鑑賞 立川

パオロソレンティーノ監督

トニ・セルビッロ(湖のほとりで)主演

フェリーニの「甘い生活」のような映画だというので、

躊躇したが、みた。

一つの成功作品で 生涯を送ることができる(*^^)vすごいナ。

映画は、やはりフェリーニ。

観客が多かった。木曜日の午後だから高齢者がほとんど。

ファニー・アルダンがでていた。

主人公は 今調べたら 「湖のほとりで」の刑事を演った人。

猫の膝2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒッチコック

サーシャ・カヴァシ 監督

アンソニー・ホプキンス 主演

映画製作の現場をのぞき見る楽しさを期待して鑑賞。

あのヒッチコックが こんなにも苦労していた ∑(゚∇゚|||)

「サイコ」のシャワーシーンの効果音も

ヒッチはイヤイヤだった。が 説得されて、やってみたら

世紀のおっかないシーンのできあがり sign03

映画のタイトルは「ヒッチコックの妻」 がよかったのではhappy01

妻ヘレン・ミレンが のびのびと 役を演っていた。

夫にもきちんと自身の考えを述べ、毅然としている。

演技というより割り当てられた演技を難なくこなしたら、

作品の中で 輝いた。セリフもシーンも

ホプキンスより かなり多かったのでは?

妻アルマを

ヒッチとって

優秀な

映画編集者・脚本家で

しかも

娘の母で

家庭の台所では奇跡をみせる優秀な

料理人だとヒッチは称賛している。

母と料理人の部分の描写はさすがに本作にはなかった。

スカーレット・ヨハンソン

トニ・コレット

ジョシカ・ビール

好きな俳優が大勢。

エンドロールで サイコのあと4本撮ったとあったが・・think

think

heart04

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の花

Photo

キキョウと

アジサイ

・・・・

複数の画像のアップができなくなった(ρ_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日

数年ぶりに咲いた ジャーマンアイリス

Photo10日金曜日に咲いた1番花から数えて4番と5番

5番の アップ

できない。sign03 

昨日からエラー続き。

1日経ったのに (;´д`)トホホ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100人の子供たちが列車を待っている

Cien_esperando

3月20日にみた。

1988年 チリ映画

監督 イグナシオ・アグエロ

ドキュメント 

サンティアゴ郊外、ロ・エルミーダに生まれた子供たちは

貧しさゆえに1日1食。

ほとんどが映画を観たこともない。

映画というものを 教えるのは 女性教師。

彼女は 映画しくみや 歴史をわかりやすく

楽しく 語りながら 簡単な装置を作らせる。

子供たちは 実際に動かしたりのぞいたり。

見ている私も フムフム、なるほど。

ひとりが1コマ描きフィルムを仕上げる実習。

テーマを決めるとき、春、夏、秋、冬なども

あったが、「デモ(抗議運動」 に決まる。

死んでいる人や 警官など。こどもたちの日常が

浮かび上がる絵にハットする。こどもたちには隠すことでもなく

貧しさも含めて 自分たちの世界なのだ。

映画に興味いっぱいであることは

子供たちの笑顔でわかる。

途中で、将来何に なりたい?という問が

何人かのこどもにかけられた。

覚えているのは「兵隊」。(軍人だったかもしれない。)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

私が小学生の時の担任が 女性だった。

熱心な先生(だったのかナ?)で、1、2度

研究授業というのがあった。

講堂へ教室ごと移動して

よその学校からも見学の先生たちがきた。

下準備を十分に わたしたち子供も。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そんなことを思い出したのは

時代の違いかもしれない。この教師は上手な教え方の

模範授業をしたわけではないし、こどもたちも

とても自然だった。

1895年パリで 映画が誕生した。

リュミエール兄弟の「列車の到着」

それが作品タイトルになっている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画館でみた映画

みなさん、さようなら 1/31

塀の中のジュリアス・シーザー 2/24

希望の国 3/10

100人の子供たちが列車を待っている 3/20

世界にひとつのプレイブック 3/28

愛、アムール 3/30

千年の愉楽 4/4

恋のロンドン狂騒曲 4/25

4月までに映画館で見た映画、未記録分

濱田が 小学生演った。ドリフのコント?

刑務所が本物、本物の囚人が 刑務所で・・・

ジュリアス・シーザーの芝居を演る。

観客は もちろん 一般市民。

予告編でイイカモ happy02

タヴィアーニ兄弟が 監督なら イイカモ 

bleah 残念 眠ってしまいました。

芝居の稽古が終了すると、二重に施錠された

独房へ かえってゆくシーンが印象深い。

2月24日は東京マラソンで 銀座通りが

通行規制されていた。

大谷直子と夏八木勲夫婦の静かな演技と

若者たちの喚く台詞の対比。

あれから2年という日に 見た。

10月公開の時から 見逃しが続いていた。

日本では資金が集まらず、英国、台湾の出資による。

ジェニファー・ロレンスがアカデミー賞主演女優賞

以前は病んだ人の役やると もらえるといわれたが。

ハッピーエンドの 楽しい映画。

途中はどきどきも。

ジャン・ルイ・トランティニャンを 見たくて。

ミヒャエル・ハケネ監督は 「白いリボン」の時より

わかりやすかった。

私自身が両親の介護をしてきたからかも。

よほど、途中ででてしまおうかと・・つらい映画

中上健次作品も、

若松孝二作品も 初めて。

きれいな若者がでてきたが、

ミヨシ役の俳優は 耳にピアスの穴。sign03

ウディ・アレンの得意とする群像劇

クリスタルという イカサマ占い師が

本物のイカサマ師に みえてくる。

アンソニー・ホプキンス が若ぶってがんばる姿は

痛々しいが・・現状維持OKとする老人たちは

みならうべきだ。

ジョシュ・ブローリンの原稿の顛末は

「マッチ・ポイント」をおもいだす。

どうなるのでしょうネ。

ホプキンスの妻が 娘ナオミ・ワッツが

起業の当てにするほど年金収入があるらしい。

英国の年金制度に 興味がわく。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15周年ポスター

Photo


下高井戸シネマが15周年。記念に会員にポスターが贈られました。

15年間ほぼ全てのチラシを集めてつくったそうです。

友の会の会員になって日が浅いのに もらえて 感激ですhappy02 

ありがとうございます

B1 サイズの  ミラパネがあるので ・・・・・

がんばって happy01

貼る加工をしようと・・・・・・  まず

折りたたまれたスジの伸ばし方は?・・・・

・・・・・・

霧吹き と 低温アイロンで・・・・・・

・・・・・・

失敗を恐れて手付かずです ┐(´-`)┌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久米島

久米島の東にある東洋一の「砂浜だけの島」

3つの砂浜を合わせて「ハテの浜」と呼ぶ

3月17日朝私が上陸したのはナカノ浜

動画をアップしたくて

ブラウザIE8にアップし、もだえ苦しみ何とかcoldsweats01

3月15日から17日 久米島で のんびり o(*^▽^*)o

Photo

サイプレスリゾート久米島 

シンリ浜にあるこのホテルの3階窓からは

久米島空港発着の飛行機がみえました。

ガイドさんによると、1日7便くらいらしい。

40歳台とおもわれる女性ガイドさん。

大型バスを操りながらの仕事っプリはプロそのもの。

初日

8:00発JAL。集合7:10というので、始発のバスで。

羽田へリムジンで行くのは初。渋滞せずに到着。

帰りは 大渋滞でした crying 

那覇乗換え、久米島着。

久米島博物館で 地元の歴史や地理を頭にいれて、

尖閣諸島と台湾、中国の位置関係もわかった。

おばけ坂

具志川城址

車えび養殖場

初日は ここまで。

16日 朝 真泊漁港で セリ 見学

Photo_4

真謝のチュラ福木と 集落散策

海洋深層水ふれあい館は 館長さんが、親戚の不幸で那覇行きで

不在で見学できず。午後の地元のスーパーでお買い物ツアーに変更。

なかなかよかった。

海ぶどう養殖場見学してから、パワースポット奥武島・畳石。

Photo_3

沖縄だネ。

Photo_3

久米仙 泡盛工場で試飲。

製造過程が見学できず・・・原料は???

もらったミニボトルの後ろに 米麹(タイ米)

のんびり過ごして2日目終了、

3日目 ハテの浜へ 

ホテルへ戻って お昼は沖縄そば。

そして 初日から食べたかった  

紅いもパフェ

5022

13:20の沖縄行きJALで 島と別れた。

ホテルから飛行機が見えたのだから・・・・

やっぱり happy02 ホテルが機内からみえました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捕えられた伍長

監督・ジャン・ルノワール

1962年作品。

捕虜収容所からの脱出映画。

「第一次大戦の時と同様に、列車の中で

休戦協定が調印されました。」と

映画ニュース画面の独仏の握手シーン。

画面が変わると、どしゃぶりの中帰宅するつもりの

仏兵がドイツ兵にテント地に戻される。

知った顔に逢い心はずむが、

収容所への長い列に並ぶしかない。

その暗い列と重ねるように凱旋門を行進中の

ドイツ軍の映像。沿道の人々はパリっ子?歓声。

2013年、映像で流される北の国のパレードと

同じ歩き方。

脱出を試み 何度も何度も失敗し、

戻されるたびに重いリュックを背負っての

懲罰が待っている。

列車や国境での通行証の提示が

難関。いつもそこでつまづく。

そこをクリアできた最終脱走。

伍長が治療中しりあったドイツ人の女性歯科助手

に助けられ、(街着を用意してくれた)

3人がうまく、町へでられたが、おどおどしていた

ひとりは不審尋問?で捕まり他のふたりは

葬列に混じってそのまま、葬儀花を持たされ

葬送行進。捕まったひとりがふたりを見たが、

無言。

花を抱えての乗車が、悲しみの遺族と車掌にうつり、

提示を強いられなかった。が、

酔っ払いの客がコンパーメントに入り、

伍長と部下に話しかけ、それについフランス語で

答えてしまい、フランス人とばれてしまう。

が列車が空爆?されたドサクサが味方し、

国境の親切な夫婦(妻の父がドイツに殺られたトカ)

に助けられ 

パリへ。FIN

収容所の禁止事項3つの中に、

ドイツ女性との恋愛禁止があった。

伍長は美貌で女性の心を捉えたと思う。

そして、「奴隷じゃない人が好き」という、

彼女の一言でくじけそうな脱走心を奮い立たせ

がんばった happy01 

伍長の収容所友だちで 通訳や

ラブレター代筆をして、ドイツ兵たちと

生活していた彼が

フォアグラにはシャンペンはつきものだ

というシーンで

フィルムが切れた (o^-^o)珍しいネ。

アナウンスで接なぐのでしばらくお待ちください

昔は、切れた あれ ザワザワ 上映再会 拍手

再会の前にさかさまの数字が出たり。

変なことって 覚えているもんだ sign03

2013年2月28日鑑賞

この劇場は、京王下高井戸と呼ばれていた頃、

「オフィシャルストーリー」の頭数分くらい

音が出なかったという思い出がある。

好きな劇場です。

 

 

そして、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東京スカイツリー